北九州・八幡にソフトバンクIDCが進出へ

印刷

ソフトバンクIDCは2007年11月6日、北九州市八幡東区の新日本製鉄の工場跡地に、大規模なデータセンターを建設する、と発表した。08年秋までに70億円を投じて、2階建ての2棟延べ8,000平方メートルを建てる。同市には、ここ数年データセンターやコールセンターの進出が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中