携帯電話から家電製品を遠隔操作できるマンション 東電が導入

印刷

東京電力は2007年11月7日、携帯電話から自宅の家電製品の操作ができるホームアメニテュサービス「リモコ」を開発し、横浜市内に建設する分譲マンションに導入すると発表した。建物全体にLANを構築して高速インターネット回線を通じて提供するサービス。携帯電話からインターネットにアクセスすることで、照明スイッチやエアコンの運転、お風呂のお湯はり操作などができる。また、モニター希望者には、東電が現在開発中の高速電力線搬送通信(高速PLC)を活用した内蔵カメラで、外出先から自宅内のようすを携帯電話で確認できる「PLCカメラサービス」も設置する。
このマンションは「ブリリア アーブリオ戸塚」。JR横須賀線の戸塚駅からバス8分の地に、東京建物と東電不動産(東電の100%子会社)が09年2月下旬の竣工を目指す。全189戸で間取りは2LDK(64.22平方メートル)~4LDK(120.83平方メートル)。販売価格は未定。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中