中国・上海線がビジネス客で好調 羽田の国際化に弾み

印刷

   羽田空港の国際化に注目が集まっている。2007年9月から中国・上海への就航が始まり、ビジネス客を中心に利用状況も好調なことで、アジアの近距離路線を中心に羽田空港の国際線枠の拡大を求める声が大きくなってきた。

羽田―中国・上海便ファーストクラスも「満席」

羽田の国際線枠拡大を求める声が大きくなっている
羽田の国際線枠拡大を求める声が大きくなっている

   2007年9月、羽田空港と中国・上海の虹橋空港を結ぶ定期チャーター便が、1日4便行き来するようになった。就航1か月が過ぎたが平日のビジネス利用を中心に利用状況も好調。JALによると、「この1か月の搭乗実績は60~70%でしたが、認知度の上昇とともに利用は増加しています」(広報部)としている。10月28日からは利用増を見込んで大型機を投入。他社に先駆けて導入したファーストクラスも「満席になっている」という。

   国は「国内線の羽田、国際線の成田」の大原則を変えていない。しかし、羽田の定期国際線として03年11月から就航している韓国・ソウルの金浦空港便は単価の高いビジネス便として「ドル箱」路線といわれている。金浦空港の就航時、国は「国内線の羽田と国際線の成田」の整合性をとるために、国内線の最長路線(羽田-沖縄・石垣島線)よりも短距離であることという理屈をつけた。「羽田-上海・虹橋」もその理屈だ。

   日本航空(JAL)が発表した07年9月中間期決算によると、当初苦戦が伝えられていた国際線の収支が大きく改善し、連結営業利益が566億円と前年同期の81億円から急回復した。ベトナム便やインド・デリー便が好調だったが、不採算だった「成田-ラスベガス」「成田-ロサンゼルス」などを運休し、「成田-香港」などの路線を減便した。

東京から成田へ行く時間で、ソウルや上海に着く

   羽田空港の優位性は、都心に近いこと。東京から成田へ行くまでの時間で、羽田であればソウルや上海に着いてしまう。「ヨーロッパやアメリカに行くのなら(成田でも)仕方がないが2、3時間で着いてしまうアジアは羽田のほうが絶対便利だ」という、利用者の声もある。「減便した香港便も羽田発であれば、もっと利用があったはず」という、JALの関係者もいるほどだ。

   羽田の国際化は、そこを本拠とするANAへのメリットも大きいが、JALにとっても追い風になる。2010年秋に第4滑走路が完成すれば、発着枠はいまの約1.4倍になるという。国内線と国際線と割り当ては決まっていないが、羽田の国際化に弾みをつけるのは確実だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中