「柔道・卓球・陸上部はブス子」 ブログで「ショック」告白続々

印刷

   女性誌「CanCam」12月号に載った刺激的な特集が、ネットで波紋を呼んでいる。特集の名は、「モテ子の習慣vsブス子の習慣」。その中で、学生時代の部活が柔道、卓球、陸上などならブス子と分類され、読者から「当てはまるのでショック」と憤る声が出ているのだ。すると、かの有名アスリートも「ブス子」となって一大事!? で、CanCam編集部を直撃した。

カラオケのブス子は「千の風になって」

モテ子とブス子を特集したCanCam12月号
モテ子とブス子を特集したCanCam12月号

   「モテ子」じゃないと人間じゃない! こう叫んでいるような女性誌が最近多いが、ついにここまで来てしまった。「CanCam」2007年12月号は、読者アンケートで「モテ子」と「ブス子」をジャンル分けしてしまったのだ。7ページにわたる特集の中では、「持ち物」「生活」「恋愛」「ボーダー」の習慣ごとにくっきりと色分けした。特に、衝撃的だったのが「ボーダー」の項目だ。

   そこに8つある小項目のうち、「学生時代の部活」では、前出の3部のほかにワンダーフォーゲル部、ソフトボール部、部活をしていない「帰宅部」をブス子サイドに分類した。モテ子サイドは、テニス部、バドミントン部など6部。その理由として、部活にはモテるイメージとモテないイメージがあるとして、「モテ子なイメージはテニス部などの女のコっぽいソフトな体育会系! 逆にブス子は本格的すぎるもの」と言い切っている。

   さらに、「カラオケで歌う曲」でも色分けした。ブス子の一番人気は、秋川雅史さんが歌う「千の風になって」。記事では、「あまりにもヒットしすぎた曲やメッセージ性が強すぎたりや難度が高すぎる曲、演歌、洋楽…。一気に男性を萎えさせる模様」と指摘。一方、モテ子の人気は、大塚愛さんの「さくらんぼ」とaikoさんの「カブトムシ」で、「サラッとした軽さが男ウケ◎!」とした。

   こうした刺激的な色分けは、ブログや2ちゃんねるなどで一気に話題になった。このうち、ブログでの反応をまとめたのが、はてなダイアリーの「CanCam専属ブログ」。その11月5日付日記「CanCamの企画に非難の声」では、部活について、次のような声を紹介した。

「ふむふむ・・・もう中高からの根っからのブスってことか・・・なるほどね~・・・。っていうとおもったか!?ヲイ!卓球を愛するすべての人に謝れ!」(ブログ「feeling in my mind」より)
「ソフトボール 高校の時のぴのの所属部活やんっ(`ε´) ショック隠しきれず…☆=>=>=>(+_+。)」(ブログ「Princess pretender's room」より)
 

   また、カラオケについても、ファンに失礼だとして、「『ブス子な選曲発言』を謝罪しやがれ」(掲載許可済みという日記より)との声を紹介している。

なんと「ヤワラちゃんもブス子」!?

   部活でモテ子とブス子が色分けされるなら、あのアスリートはどうなのか?と言えば、やはりあった。前出の「ボーダー」の小項目にある「似てるといわれる芸能人・有名人」で、なんとヤワラちゃんこと柔道の谷亮子さんがブス子に挙げられていたのだ。では、愛ちゃんこと卓球の福原愛さん、Qちゃんことマラソンの高橋尚子さんは、どうなのか。

   J-CASTニュースでは、非難のことも含めて聞こうと、小学館のCanCam編集部にアタックしてみた。が、まずは広報室を通してほしいとのこと。そこで、広報室に問い合わせると、「基本的には、記事に書いたことがすべてです。ブログなどの書き込みに意見が出ているからといって、いちいちお答えしていません」などと肩透かしを受けてしまった。

   特集は、読者100人のアンケートをもとにしたというが、よく読むと必ずしもモテ子とブス子を決めつけているわけでもない。例えば、モテ子にはなぜか、不機嫌で話題になったエリカ様こと沢尻エリカさんが入ったりしているのだ。ブス子に、蛭子能収さん、関根勤さんら男性タレントが入っている理由もよく分からない。ブログのコメントでも、もちろん、笑って流す向きも。CanCam専属ブログでは、「単純にネタとして楽しんでました」「雑誌の記事なんぞで、いちいち傷つくなよ。小学生じゃないんだから」との声が寄せられた。

   とはいえ、特集の最後には、ブス子だと思う芸能人の1位となったお笑いコンビのハリセンボンのこんなインタビューが載っていた。

「わざわざモテる女はモテるなんてアピールしないですし、逆にモテすぎないようにブス子を演じてるわけです」

   コンビの一人、はるかさんの負け惜しみだ。やっぱり「でも、そんなのカンケイねえ~」とはいかないわけだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中