作品フィギュアで宮崎駿監督が激怒 「トトロを脱税の道具にするな!」

印刷

   「となりのトトロ」「もののけ姫」などスタジオジブリ一連の作品のキャラクターのフィギュア(人形)を製作・販売していたコミニカが、約5700万円を脱税していた。東京地検特捜部は2007年11月12日、社長と社長の夫の元弁護士を逮捕した。同社はジブリ唯一の公認製作会社だっただけに、監督の宮崎駿さんはトトロを脱税の道具にされた、と怒りが収まらない。

キャラクタービジネスは基本的に水物

コミニカ」のウェブサイトには、ジブリ関連のフィギュアが紹介されている
コミニカ」のウェブサイトには、ジブリ関連のフィギュアが紹介されている

   コミニカは1995年に設立され、98年にスタジオジブリとライセンス契約を結んで以降、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」といったアニメの登場人物のフィギュアを中心に制作・販売するようになった。今回の法人税法違反容疑は、05年2月期までの3年間で約1億9800万円の所得を隠し、法人税約5700万円を免れた疑い。社長の大久保恭子容疑者(52)と夫で元弁護士の竹原隆信容疑者(49)が逮捕されたが、脱税の手口は、外注先の香港の会社に水増し代金を支払い、その水増し分の金をバージン諸島のタックスヘイブン(租税回避地)のダミー会社の口座に送金させるというものだった。

   TBS系のニュース番組「イブニング5」は、07年11月12日の放送で今回の事件を取り上げた。記者が大久保社長を直撃すると、大久保社長は記者に対し、

「誹謗中傷には戦いますので、お答えできませんね!」

とキレた様子で語っていた。記者は、

「誹謗中傷ですか?」

と、その返答に驚いていた。

   宮崎さんは、

「(キャラクタービジネスは)基本的には水物。売れるときに全部売っちゃおうとか、経営が苦しくなると乱暴なことを始める。僕らはトトロというキャラクターを、売れれば何でもいいから売ればいいとは思わなかった。商品化も極力抑えていたのに」

などと怒りを露にしていた。

脱税会社、最近は業績が落ち込んでいた?

   日刊スポーツの07年11月13日付けの記事はコミニカについて、

「04年2月期に約4億7000万円の売上高を計上したが、最近は業績が落ち込んでいた」

と書いている。コミニカのホームページを見ると、03年に「トトロ」のアクセサリー契約を結んだ以降、スタジオジブリとの新しい契約は書かれていない。「ハウルの動く城」「ゲド戦記」など新作ではライセンス契約をしていなかったらしい。新作映画のキャラクターのフィギュアが作れない影響もあって、業績に影響が出たとも考えられる。

   スタジオジブリ広報はJ-CASTニュースに対し、コミニカはこれまで完成度の高いフィギュアを制作していて、信頼を置いていただけに社員みんなが驚いている、としたうえで、

「容疑が事実ならば、直ちに契約解除することになります」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中