「ニコニコ動画」微笑まず ドワンゴが14億円の赤字

印刷

インターネットコンテンツ企画開発のドワンゴが2007年11月13日に発表した07年9月の中間連結決算は、売上高が前期比11.5%増の222億5700万円、営業利益が3億6800万円で、当期損益は14億円の赤字だった。モバイル事業では、原価率が高い「着うた」「着うたフル」などの音楽配信サイトを増加させたことで収益が悪化。子会社のニワンゴが開始した動画にコメントを投稿できるサービス「ニコニコ動画」も、好調に有料会員数を増やしたものの、会員増加による設備投資、新機能の開発などで先行的に費用がかさんで収益に貢献できなかったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中