金利低下で配当利回りが「逆転」 株と「債券・預金」どっちがいいのか

印刷

    2007年11月13日の長期金利が一時1.5%を割り込み、1.485%にまで下がった。この水準は日本銀行が量的緩和政策を解除する前の06年1月以来、約1年10か月ぶりの低水準だ。その一方で、東京証券取引所に上場する企業の予想配当利回りが1.53%にまで上昇した。配当利回りは予想配当金を株価で割って計算するので、株価が急落した影響を受けた。しかし、長期金利と配当利回りとの「逆転」は05年7月以来の、これもめずらしい現象だ。この「逆転」現象に、投資家はどのように動けばよいのか。

逆転、即「買い」にはつながらない

投資家はどのように動けばよいのか
投資家はどのように動けばよいのか

   長期金利の低下(債券価格の上昇)と株式の配当利回りの「逆転」現象が起こった原因は株価の急落にあるが、そもそもは米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き問題だ。その影響が世界中の金融市場を混乱に陥れている。
   みずほフィナンシャルグループや野村ホールディングスの損失が、合わせて3000億円を超えるなど、金融機関をはじめ日本の企業もその混乱に巻き込まれていて、日本経済にも予想以上にサブプライム問題が影を落としている。
   長期金利と株式の予想配当利回りが「逆転」したのは、投資家がよりリスクのある株式よりも安全性の高い国債など債券投資や定期預金に傾いたということ。結果的には株式の供給が抑えられるから「割安」になるし、配当利回りが高くなるということは、株式の魅力が増すことにもなる。

   だからといって、それが即座に「買い」にはつながらないようだ。エース証券リサーチ本部の坪内建・執行役員副本部長は「過去にも逆転現象はあって、1年ほど続いたこともありました。このときも株の割安感が指摘されて『買い』と思われたのですが、実際にはそうはなりませんでした。現時点ではあくまで予想配当です。配当の下支え効果はありますが、本決算(08年3月期)が近づいてこないことには判断できないでしょう」と話す。

逆転現象はしばらく続く?

   企業の足元の業績は悪くはない。好調な業績を背景に、また投資家への利益還元の一環として、配当金を引き上げる傾向にあるほどだ。サブプライム問題などの理由で株式の「売り」が先行して「計算結果として予想配当利回りが高くなっているにすぎない」(岡三証券のアナリスト・宮本好久氏)という。
   長期金利と上場企業の配当利回りとの逆転現象について、宮本氏は「(この状態が)しばらく続く」とみている。株式が割安だといっても、ピンポイントで「底」を予知することは至難のワザなのだ。
   ある銀行系証券のエコノミストは長期金利が「1.3%台までは下がる」というし、「日銀は金利の引き上げのタイミングを完全に逸した」とみるエコノミストもいる。株を売って債券に投資する、この「流れ」は当面止められないようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中