川崎重工、電池で動く路面電車を開発

印刷
川崎重工業が開発した「SWIMO」
川崎重工業が開発した「SWIMO」

川崎重工業は2007年11月19日、ニッケル水素電池を動力源とした路面電車「SWIMO(スイモ)」を開発した、と発表した。架線が不要なため、都市景観を損なわずに容易に路線の建設が可能とされている。定員62人で、5分の急速充電で少なくとも10kmは走行できる。08年度中に量産化を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中