TVCM、検索窓表示だけでは検索数増えず

印刷

テレビ広告がインターネットの検索行動に与える影響を調べたところ、検索窓を表示しない広告よりも、検索窓を表示した場合の検索数が2.4倍だった。ただし、単に窓が表示されているだけでは検索数にほとんど効果がなく、「検索窓が表示されていることを伝えるための効果音をつける」ことや、「検索後にどういった情報が得られるかをしっかりと視聴者に伝える」ことをしなければ、視聴者の検索行動が起きないことがわかった。これは博報堂研究開発局と博報堂DYメディアパートナーズi-メディア局がオーバーチュアの協力を得て、2005年4月1日~2007年3月31日に調査した結果だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中