眞鍋かをりも驚く カラータイツの異常人気

印刷

   タレントの眞鍋かをりさんは、毎日カラータイツを履いて街に出る。ただ、新しいのを買いにショップにいくと、お気に入りの色が売り切れていることが多いそうだ。2007年秋冬ファッションではそれほどカラータイツがバカ売れしていて、「10月頃から日本にタイツは無いと言われている」ほどなのである。

高島屋大阪店では売り上げ前年比で2倍以上

眞鍋さん、カラータイツを「今年20枚買った」と告白
眞鍋さん、カラータイツを「今年20枚買った」と告白

   ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」、07年11月19日付けのタイトルは「カラータイツ旋風」。そこには、

「どこもかしこもカラータイツ!いくら流行とはいえ、みんな履きすぎじゃね!??右へならえしすぎじゃね!??。。。私、今年20枚買いました。。。ほぼ毎日履いてます。。。」

などと書かれている。眞鍋さんが新しいカラータイツを買おうとショップに行っても、好みの色が売り切れていて、大手百貨店ですら品薄状態。

「たまにいい色見つけた!と思ったら、超厚手の高いデニール数のものだったり。。。」

と嘆いている。

   J-CASTニュースが三越日本橋本店に取材すると、

「タイツの在庫があれば何でも売れていく、という状況で、新しく入荷して店頭に出しても1日もたない。当店では秋冬物のタイツの売り上げが前年比35%増なのですが、商品が充分にあればどれくらい伸びたかわからないほど」

と話した。

   高島屋大阪店では07年9月以降、前年比で2倍以上の売り上げなのだという。同店広報はカラータイツの人気について、

「今年は重ね着が流行していて、短いスカートにタイツを履いたり、また、流行の洋服の色目が抑えめなため、カラータイツを合わせれば一層オシャレになる、ということなのでしょう」

と説明した。

「10月頃から日本にタイツは無い、と言われている」

   眞鍋さんのタイツコーディネートは、手軽さが基本のようで、

「シンプルなワンピにカラータイツとブーティで もう今年風になるわけですよ。おんなじブーティでも色変えると印象ちがうわけですよ。こりゃ楽だね。毎日、起きて20分くらいで家を出るからさ、服考える時間とかナシ。基本、ワンピース。んでカラータイツ」

だそうだ。

   かなりカラータイツが気に入っているようで、衣装に着替える時とかには、タンクットップ一枚に下はカラータイツを履き、さらに靴も履き、スタイリストの前で「志茂田景樹!!!」という一発ネタを必ずやるのだそうだ。眞鍋さんは「毎日カラータイツです」という証拠写真をブログにアップしたい、と綴っている。

   ただ、ショップのカラータイツの在庫は、というと、

「10月頃から日本にタイツは無い、と言われるほどの人気で、日本のメーカーは時期的に既に生産を終了している状況ですので、手に入れるのは難しい」(三越日本橋本店)

ということだから、眞鍋さんのカラータイツ姿の写真は、それほど多くアップされないかもしれない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中