次期監督岡ちゃんで決まり? 「家庭の事情」が現場復帰の障害

印刷

   サッカー日本代表・イビチャ・オシム監督が脳梗塞で倒れて以来、次期代表監督の情報が乱れ飛び続けている。しかし、メディアの「情報戦」も岡田武史元日本代表監督、浦和レッズ・オジェック監督に候補が絞られつつあり、「順当」に行けば「岡田ジャパン」、あるいは「オジェックジャパン」が誕生しそうなのだが・・・

今週中にも交渉を行う?

次期日本代表監督をめぐって様々な憶測が
次期日本代表監督をめぐって様々な憶測が

   オシム監督が2007年11月16日に脳梗塞で倒れてからすでに10日経過したが、意識は回復せず、いまだ「小康状態」。スポーツ紙上は連日のように次期監督候補の名前が踊るなか、日本サッカー協会もついにオシム監督の続投を断念し、後任の監督探しに着手し始めた。

   2007年11月25日に2010年南アフリカ大会の予選の組み合わせ抽選が行われ、日本はアジア3次予選でバーレーン、オマーン、タイと同じ組に入った。初戦は08年2月6日には始まることもあり、今後も「代表監督」をめぐる報道は過熱しそうだ。

   そんななか、岡田武史元日本代表監督をめぐり、全く異なる「次期日本代表監督」報道が飛び出した。

   まず、「岡田氏代表監督復帰へ」と題して「岡田監督」誕生説を報じたのは2007年11月26日のスポーツ報知。同紙によれば、日本サッカー協会はすでに岡田氏にオファーを出し、今週中にも交渉を行うという。岡田氏は、98年フランス大会で日本代表を指揮し、コンサドーレ札幌を2年目でJ2優勝、03年には横浜マリノスを第1、第2ステージ「完全優勝」に導くなど、日本人の監督候補のなかでは実績的にはずば抜けており、常に代表監督候補に挙がっては消えていた。

   しかし、岡田氏は同紙の直撃取材に「何も話すことはないよ」と答えており、真偽のほどははっきりしない。日本サッカー協会も、J-CASTニュースに対して「取材は書面で申し込んで、審査に3,4日必要」と態度を一変させ、事実上「次期監督騒動」については口を閉ざした状態だ。

   ここで「岡田氏は復帰できない」と報じたのは2007年11月26日発売のアエラ(07年12月3日号)だ。元サッカーマガジン編集長・伊東武彦氏によれば、岡田氏には「家庭の事情」が現場復帰への意欲に影を落としているといわれているほか、「川淵直系の岡田登用が(協会内で)反発を引き起こす可能性もある」という。岡田氏は、川淵三郎会長の「早大-古河電工」の後輩という間柄。「早大-古河」色が濃い協会だが、健康問題を懸念する声を押し切ってオシムを監督に就任させた責任を問う声や、「慶応-三菱(現浦和レッズ)」閥に次期会長候補の大仁邦弓理事や犬飼基昭理事もいるため、「川淵にしてみれば、ここであえて岡田にこだわる必要はない」と分析。

オシムと岡田のサッカーが合致しない

「オジェック代表監督となると、オシムに続くJリーグの『引き抜き』になるが、(オシムがいた)ジェフ千葉と違って(オジェック監督は)タイトルを取っての昇進だ。かわりにスタッフ入りするのが福田(福田正博元浦和レッズ選手)なら、レッズファンを納得させる人気もある」

との見方を示している。

   しかし、J-CASTニュースが取材したサッカージャーナリストは違う見方を示す。

「確かに協会内に学閥があるという話はある日本代表監督(当時)からも聞いた。でも岡田はないだろう。今までオシムがやってきたことと岡田のサッカーが合致するかといえば微妙。マリノスの時も岡田は選手の好き嫌いがあったし、代表も自分の好みの選手を集めるだろう。そうなるとオシムの後任というイメージとは随分違う」

一方、別の業界関係者も「オジェックが代表監督になったら、福田がいてもレッズファンは納得しないだろう」と話す。

   二人とも、現オリンピック代表監督の反町監督が、オシム路線を引き継ぐ次期代表監督になるのには「最も妥当」と見ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中