筑紫キャスター 地域SNSコラムで「再起」

印刷

   TBS系報道番組「筑紫哲也 ニュース23」のキャスター、筑紫哲也さん(72)が、肺がんからの「復帰宣言」をして以来、メディアへの露出が増加している。最近では地域SNSでのコラムにも進出、「なるべく多くの人たちと交流ができたら」と意気込んでいる。

タイトルは「始終至智への旅」

地域SNSでの連載をスタートした
地域SNSでの連載をスタートした

   筑紫さんは2007年5月に初期の肺がんを患っているとして「休養宣言」をしたが、10月8日には「ほぼがんは撃退した」として、ほぼ5ヶ月ぶりに番組に出演。「節目節目の時には必ず出てくるという形でカムバックを始めたい」と話した。

   その一方で、やはり「完全復帰」とはいかないようで、10月中旬には、後任のメーンキャスターとして共同通信出身の後藤謙次氏が就任することが報道された。11月26日夜の「ニュース23」でも、後藤氏がキャスターに就任することがごく短く紹介され、「公式発表」も完了した形だ。

   だだ、必ずしも「引き続き静養」ということではない様子で、この「復帰宣言」からの1ヶ月余りで、テレビ以外のメディア露出が相次いでいるのだ。例えば「宣言」直後の10月12日の朝日新聞朝刊に掲載された新聞週間特集では、若宮啓文・朝日新聞論説主幹と対談。朝日新聞が社説でイラク戦争開戦に反対したことに対して

「後世の評価に耐えうる社説でした。どこまで事実を見ているか、そこでまず言論の力を試される」

と、古巣をたたえた。

   07年11月26日の毎日新聞夕刊にも長文のインタビュー記事が掲載され、

「語るたびに、どんどん自分が少数派になると感じた」

などとキャスター生活を振り返った。

   「言論人」としては、本格的に復帰を果たした格好だが、SNSでのコラムという「新分野」にも進出している。スローライフと街づくりをテーマにした地域SNS「ぶらっと!」で、11月19日から隔週で「始終至智への旅」というタイトルの連載を始めたのだ。

「双方向形で書くのは初めての体験です」

   連載1回目では、キャスター時代、週末のほとんどを地方で過ごしていたことを念頭に、こう記した。

「世の中、おかしなことばかりが起こり続け、この国は壊れているのではないかと思ってしまいます。 そういう日常のなかで、私が時々横になって思い浮かべるのは、この国の地図です。一都一道二府四十三県、どこをとっても、私の好きな場所が最低限ひとつはあります。そこで過ごしたり、そこで出会った人たちのよき思い出が、どの地にもあります」

   筑紫さんは、スローライフについての著書もあり、同サイトを運営する「日本テレネット」では

「(サイトのコンセプトでもある)スローライフと街づくりに関連するNPOを応援するプログラムのアドバイザリーボードに、筑紫さんが就任していたことが縁で、連載が始まりました」

と連載開始の経緯を説明している。

   なお、SNSでの連載とは言っても、筑紫さんが自らPCに向かっているという訳ではなく、筑紫さんが手書きした原稿をスタッフが改めて入力しているのだという。現段階では10件ほどのコメントが寄せられている。同社では

「コメントの内容、プリントアウトして筑紫さんに伝えます」

と話しており、筑紫さん自身もコラム中で

「なるべく多くの人たちと交流ができたらよいな、と楽しみにしています」
「こういう双方向形で書くのは初めての体験です」

としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中