大アマ朝青龍の謝罪会見 代表質問は厳しい追及なし

印刷

   奇しくも亀田大毅と同日謝罪会見になった朝青龍(27)。東京・両国国技館での会見では、時折ムッとした表情を見せながらも、淡々とお詫びの言葉を述べた。しかし、本当に反省したのかどうか、今後も一挙手一投足に厳しい目が注がれそうだ。

「自分が悪いんでしょうね」

両国国技館での謝罪会見に臨む朝青龍(TBSから)
両国国技館での謝罪会見に臨む朝青龍(TBSから)

   朝青龍は、モンゴルからの直行便が取れず、謝罪会見の2007年11月30日は、韓国・ソウル経由で再来日すると報道された。しかし、新聞各紙によると、その後に座席を確保できたため、直行便を利用したという。

   TBSによると、機内での朝青龍は、リラックスした様子。モンゴル帰国時の無表情に比べて、別人のような笑顔だったという。成田空港到着後、第1旅客ターミナルの到着ゲートに現れたのは、午後2時50分過ぎ。髪の毛を後ろで結わえ、毛皮のコートを着た朝青龍は、歓声を受けて右手を上げてみせた。笑みもたたえていたが、報道陣の問いかけには「元気」と時折返す程度だった。

   両国国技館での謝罪会見は、医師の診断が遅れたため、予定よりやや遅れて午後5時15分過ぎから始まった。朝青龍は、師匠の高砂親方に続いて、やや渋い表情を見せながら会見場に入ってきた。そして、まず立ったままで、「皆さんに長い間ご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫び申し上げます。これからも精一杯頑張りますので、よろしくお願いします」と謝罪した。

   続いて、代表質問が始まった。が、15分間にわたる質問は、現在の体調やモンゴルでの治療などの穏やかなものが多く、比較的厳しいのは夏巡業中にモンゴルでサッカーに興じていたことを問いただしたものぐらいだった。朝青龍によると、精神的には落ち着いてきており、ひじのけがは完治したが、腰にまだ不安があるという。

   さらに、各社からの質問が始まり、やや突っ込んだやり取りもなされた。夏巡業中に勝手にモンゴルに帰ったことについて、朝青龍は、「親方には報告していなかった。自分が悪いんでしょうね。今後そんなことがないように行動したい」と述べた。

一瞬記者をにらみつけたような表情

   一方、モンゴルの地元紙がバーで酔って暴れていたと報じたことには、一瞬記者をにらみつけたような表情になった。「いい加減な新聞なので、よく考えながら質問して下さい」と、少しムッとした様子だった。

   さらに、横綱審議委員会の委員から横綱の品格を疑問視して引退勧告する意見が出たことを尋ねられた。これに対し、朝青龍は、言葉に詰まりながら、「足りない部分があるが…(少し沈黙)一からやり直したいと思います」と言い切った。

   TBSの中継は途中で切り上げられたが、番組の中では、「これだけ批判を受けているのに、(会見に)どれだけ真剣に向き合っていたのか」と疑問視する意見もあった。朝青龍は会見後、横審でも謝罪するため、同じ両国国技館で開かれた横審の臨時会合に出席した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中