銀行の慢性的人手不足「深刻」 人材確保に一般職廃止が広がる

印刷

   三井住友銀行は2007年12月6日、一般職を廃止し、派遣社員約2000人を正社員として採用する、新しい人事制度を08年7月から導入する考えを明らかにした。2000人もの派遣社員を正社員に移籍するのも異例なら、いわば銀行の「顔」として働いてきたテラー(窓口担当)をはじめとする一般職を廃止するのもメガバンクでは初めてのことだ。

人手不足で支店も出せない、という銀行も

三井住友銀行は一般職を廃止する
三井住友銀行は一般職を廃止する

   「仕事に意欲をもって取り組む女性のモチベーションを新人事制度でさらに高められれば、組織全体が活性化し、お客様へのサービスの質の向上にもつながる」(広報部)としているが、背景には人手不足の解消と優秀な人材の確保がある。日曜日の新聞の求人欄。そこを覗くと、金融機関の派遣社員やパート募集がごろごろ目につく。銀行の人手不足はそんなに深刻なのか。

   J-CASTニュースが複数の銀行に話を聞いたところ、どの銀行も「人手不足は慢性化している」と口を揃える。原因のひとつは、ピラミッド型の社員構成が崩れたことにある。銀行の新卒採用はここ2~3年こそ大量採用に動いているが、不良債権処理に追われた時代には採用を抑えざるを得なかった。そのため、30歳台半ばから下の年齢層の人材が不足。「若い、これからの戦力がいないことで組織が沈滞化している。なんとか新しい血を、と思っているが集まらない」(ある地銀の幹部)という。そのために「支店が出せない」という銀行もあって、経営計画に支障を来たすほど深刻なようだ。

   ある地方銀行の幹部は、「三井住友のような、一般職の廃止は広がる」とみている。いま銀行はこぞって、富裕層を対象とした預かり資産の獲得、つまり資産運用の相談業務に軸足を置いている。現金の入金や引き出し、振込業務などはすべてATMで処理して、「人」が対応するのは資産運用相談だけ。テラーのような仕事はますます減ってくる。

   相談業務に応えるには高い金融知識に、フィナンシャル・プランナーや保険販売員、証券外務員といった資格も必要なので、しっかりした研修を受けさせなければならない。金融商品取引法の施行で、お客とのトラブルには金融当局の厳しい目が光る。銀行としては「責任」をもって商品セールスを展開する態勢を整えなければ商売にならないわけだ。

   そうであれば、いま働いている人にやる気を起こさせ、頑張ってもらうのが近道だ。三井住友銀行の場合、約5500人の一般職がいる。新たな人事制度ではビジネスキャリア職のキャリアアップコースとして、コンシューマーサービス職MC(マネーライフ・コンサルティングデスク)コースへの道を拓いた。

「スキル身に付け他の銀行へ転職」を危惧

   銀行の派遣社員も、人材派遣会社で一定程度の研修を受けて銀行に送られる。銀行の派遣行員の多くは、銀行の関連会社である人材派遣会社に所属する。大学を卒業して銀行に入行。結婚などで一たん退職し、子育てにメドがついて生活が落ち着いてから銀行に「復帰」するといった女性だ。大手地銀の幹部は「仕事によっては銀行員でなければダメというものもありますが、基本的には人様のお金を扱うのでやはり信用と経験を重視します」と話す。それゆえ、「以前、○×銀行でテラーでした」という女性は少なくない。

   銀行がこれまで派遣会社に人材を振り向けてきたのは、人件費を抑えられたからだ。ところが、研修を積んで高いスキルを身に付けさせるというのであれば、「本体で雇用してもあまり変わらないし、まして最近は業績を連結ベースでみるので、人材派遣の子会社がコストアップしては元も子もない」(地銀幹部)。厄介なのはせっかく研修したのに、スキルだけ身につけて他の銀行へ移籍されるリスクだ。派遣社員では拘束力が弱い。であれば、銀行本体で「責任」をもって研修して、働いてもらったほうがいい、というわけだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中