絶好調「ガッキー」歌手デビュー 「肩肘はらない」のが人気の秘密?

印刷

   「ガッキー」こと女優の新垣結衣さん(19)が、アルバム「そら」で歌手デビューを果たした。一時期は多忙なスケジュールから「休養説」もささやかれたが、自らのブログで「あの、別にユイ休養しません」と憶測を一蹴。各紙のインタビューでは「(テンションが高いのは)疲れちゃう。嫌ですね。」「(歌唱)技術がないので…」などと本音を隠さない。そんな「肩の力が抜けた様子」が、人気の一因と言えそうだ。

テンションが高いのは「疲れちゃう…。いやですね。」

ガッキーの「等身大」の姿が人気の秘密?
ガッキーの「等身大」の姿が人気の秘密?

   新垣さんは06年の江崎グリコ「ポッキー」のCMでブレイク。07年11月に公開された、ケータイ小説が原作の主演映画「恋空」も好調だ。12月4日付けの「週末映画ランキング」では「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に続いて2位にランクインしており。すでに240万人を動員、興行収入も30億円を越えることが確実視されている。

   さらに、12月5日には、アルバム「そら」(ワーナーミュージック)で歌手デビューを果たしたのだ。12月4日付けのオリコンの「デイリーランキング」でも2位にランクインしており、順調な滑り出しだ。12月21日には、日本武道館でのスペシャルイベントも予定されており、新人歌手としては異例の待遇だ。

   このように「快進撃」を続ける新垣さんだけに、さぞ「テンションが高い」のかと思いきや、各紙のインタビューを見ると、必ずしもそうではないようなのだ。

   例えば、12月6日朝にフジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」で報道された新垣さんの密着特集では、「ポッキー」のCMについて聞かれると、

「あんなにテンションの高い自分を、自分で見るのは初めて」

   と、「自分は、あんなにテンション高くない」と言いたげだ。さらに、

「今は『ガッキー』(というテンションの高いキャラ)でいけ、と。そういう事務所やスタッフ(の意向)も、かなりある?」

   という質問には、

「疲れちゃう…。いやですね。」

   と本音を吐露。

「技術がないので、いつも気持ちで歌う」

   歌に対する姿勢については、

「技術がないので、いつも気持ちで歌うことを心がけてるんですけど…」

   と、一貫して、いたってマイペースな受け答えが続いた。

   また、自身が表紙を飾ってもいる「日経エンタテインメント!」08年1月号のインタビューでは

「(仕事)一つ一つは面白いし、得るものも大きいんですけど…。速度がちょっと速いよなぁって(笑)。『激流さん、少し収まってください!』って、ずっとお願いしているんですけど、止まらないので、最近はあきらめていて…もう流れに身を任せちゃおうかなって(笑)」

   と話し、やはり自分のペースは守りたい様子だ。

   「とくダネ!」のインタビューによると、好きな(ふるさとでもある)沖縄の方言は「ひーじー」。標準語では「大丈夫」という意味なのだが、そんな肩に力の入らない「等身大」の姿が、人気の秘密なのかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中