坂出市3人殺人事件で「衝撃証言」 「川崎容疑者は妻の枕元で啓子さんを口説いていた」

印刷

   香川県坂出市林田町、無職山下清さん(43)の長女と二女、姉妹の祖母で隣に住むパート従業員三浦啓子さん(58)が殺された事件で、逮捕された川崎政則容疑者について渦中の山下清さんがテレビ番組に出演し、衝撃的証言をした。「川崎容疑者が自分の妻の枕元で三浦啓子さんを口説いていた」というもの。川崎容疑者は三浦さんを「執拗に口説いていた」ようで、これまで報じられてきた「金銭トラブル」以上のものが事件の背後にあるようなのだ。

「俺と一緒になったら、じいちゃん・ばあちゃんが喜ぶわ」

「とくダネ!」で単独インタビューに応じた山下清さん(フジテレビより)
「とくダネ!」で単独インタビューに応じた山下清さん(フジテレビより)

   山下清さんの証言は、2007年12月7日のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」で、「番組単独インタビュー」というかたちで放送された。番組によれば、山下さんの証言は放送2日前の07年12月5日に収録されたという。

   山下さんは、事件について「どういう理由にしろ、ちんまい子(小さい子)を殺しとんや!そういう人間が生きる資格はない!」と怒りを露にする場面もあったが、川崎容疑者については、

「俺の知っとる限りのこと言えば、妹の枕元で姉ちゃん口説くような男で、まぁ自分がギャンブルしよっても、家に(金を)入れんでも、生活は成り立つし、それで、癌になった雅子姉ちゃん(に)『掃除せい、ご飯の支度せい、弁当は?』(と言う)、そういう風にこき使う鬼の人間ですね」

と語る。ここでいう「妹の枕元で姉ちゃん口説く」とは、川崎容疑者の妻・雅子さんが癌で入院していた病院の枕元で、川崎容疑者が雅子さんの姉に当たる三浦啓子さんを口説いていたということだ。

「病院で啓子ばあちゃん(三浦啓子さん)を口説いていた。そうっすよ。はっきり言って(妻の)枕元で口説いてましたからね。『俺と一緒になったら、じいちゃん・ばあちゃんが喜ぶわ』と。執拗に口説いてたみたいですね。何べんも何べんも口説いてたみたいですよ。(三浦啓子さんが)帰ってくるたんびに言ってましたもん、『もうあんな気色悪いおっさんどうにかならんなー』言うて」

   山下さんは、三浦さんに対して自分から川崎容疑者にそうした行為をやめるように言うと提案したが、三浦さんは「ややこしいことになる。自分から直接言う」などと述べたと言う。

   川崎容疑者が三浦啓子さんを口説いていたのは、妻が入院していた07年3月中旬頃の話のようだ。山下さんによれば、川崎容疑者が妻・雅子さんへの見舞金を全部持っていくなどの行為に及ぶなどしたため、雅子さんは自身の希望で07年4月初旬の病院退院後に三浦啓子さんの家に行くことになった。川崎容疑者は、妻が自宅に戻ってこないことで激怒、山下さんとも口論になったという。

財産を狙っていた?

   では、なぜ川崎容疑者は三浦啓子さんを「口説いた」のか?山下さんはインタビューのなかで、

「財産を狙ってたんですよ。啓子ばあちゃんと一緒になったら、もう受け取る人間いないじゃないですか」

と推測している。川崎容疑者の妻と三浦啓子さんの両親の「遺産相続」を狙って、病気だった妻に代わって、三浦さんと結婚することを目論んだ、ということのようだ。
   一方で、山下さんは2007年12月7日放送のテレビ朝日系情報番組「スパーモーニング」に対しても同様の証言をしているほか、

「金銭問題だけで人ころせるもんか。はっきり言って、金銭問題以上に恋愛感情あった人間を殺す、その分の方が強いんちゃうか(ということ)」

とも述べている。
   川崎容疑者が妻・雅子さんが三浦啓子さんにつくった借金の返済に困窮し、次第に恨みを募らせていった末の犯行という報道もあったが、山下さんに言わせれば、事件には別の背景があった可能性もあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中