中国、ロシアの消費急増 チーズ不足でピザ屋が倒産? 

印刷

   チーズの価格が高騰し、おとなりの韓国では街のピザ店が廃業に追い込まれているという。その原因は、中国やロシアでの大量消費。原料チーズは1年前と比べて約2倍になっており、日本でもピザ店が苦境に追い込まれる日はそう遠くないかもしれない。

07年1月と比べて約2倍という急騰ぶり

韓国ではピザ店の廃業が相次いでいる(朝鮮日報より)
韓国ではピザ店の廃業が相次いでいる(朝鮮日報より)

   「QBBチーズ」で有名な六甲バターは07年に入り2度値上げを発表している。1回目は7月に「とろけるミックスチーズ」関連の10アイテムを12.3%~15.0%、また業務用チーズの43アイテムについて5.0%~25.9%値上げ。11月発表分は、家庭用プロセスチーズなど7月に値上げした商品を除いた32アイテムを、08年2月1日納品分から20%程度値上げする。

   明治乳業は06年3月から、「明治 北海道十勝スライスチーズ」などの市販用プロセスチーズの価格を10%値上げ。雪印乳業も06年2月の出荷分から価格改定しているが、最近の原料チーズの高騰を受けて「改めて検討しているところです」と話す。

   値上げの理由は、オセアニア産原料チーズ価格の高騰だ。六甲バターによると、「2003年の輸入価格を100とすると、07年は1.7倍になった」という。これが08年1月~6月分の船積み価格では、07年7~12月分が1トンあたり3700ドルだったのが、同5800ドルとじつに2000ドルも上昇。07年1月と比べて約2倍の急騰だ。

豪州の旱魃に牛の飼料代上昇も響く

   では、なぜ原料チーズの価格が高騰しているのか。雪印乳業は「複合的な要因です」と話す。日本のチーズの消費量は年間約27万トンで、このうち国産は約4万トン。残りの約23万トンが輸入だが、そのうちの7割がオセアニアからの輸入だ。原料チーズの価格高騰はオーストラリアで2年続きの旱魃があったことが影響。またバイオエタノールの影響で牛の飼料が高騰していることもある。ちなみに、日本でも酪農家の7割近くが牛の飼料の高騰で赤字経営に陥っているという情報もあって、かなり深刻だ。

   さらに、最近の急騰ぶりは中国やロシアの大量消費がある。中国やロシアは欧州からの輸入分も少なくなかったが、チーズなどの乳製品にかかっていたEUの輸出補助金が打ち切りになり、その分が商品価格に上乗せされて高騰したことで、オセアニアからの輸入を増やした。いままで日本に入ってきていたモノが中国やロシアにまわっているようだ。

   チーズを大量に使うといえばピザ店だ。2007年12月3日付の朝鮮日報はチーズ価格急騰で、ソウル市内などのピザ店が相次いで倒産していると報じている。チーズ卸業者のアセルフードのオ・ジョンギョン氏のコメントとして「ピザ業界はアジア通貨危機のときより深刻な状況だ」としている。

   宅配ピザの「ドミノ・ピザ」を展開するヒガ・インダストリーズによると、「日本ではまだ、それほどの影響はありません」という。

   ただ、「ピザ屋さんも最近はオセアニアから直接輸入している場合があるようですから、急騰した分を商品価格に転嫁できなければ、倒産もあるでしょうね」(六甲バター)と、深刻な事態になりつつあることを否定しない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中