韓国ドラマ専門のテレビ視聴型VODサービス始まる

印刷
エミール、「ドラマティックソナタ(ドラソナ)」のプレサービスを開始
エミール、「ドラマティックソナタ(ドラソナ)」のプレサービスを開始

エミールは2007年12月14日、韓国ドラマに特化したインターネット経由のVOD(ビデオ・オン・デマンド)事業「ドラマティックソナタ(ドラソナ)」のプレサービスを開始した。ブロードバンドルータを介して専用のセットトップボックスをネット接続し、テレビで視聴する。他のテレビ視聴型VODサービスが多チャンネル構成を取るのに対し、コンテンツ分野を集中しているのが特徴。
配信する韓国ドラマは、「冬のソナタ」「フルハウス」など当初40タイトル前後で、08年1月末の本サービス開始までに46タイトルに拡充する。視聴料金は作品により、1話あたり210円、315円、367円の3種類がある。この他セットトップボックスの費用などがかかる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中