ガッキーもびっくり? 「恋空」原作に盗作騒ぎ

印刷

   ガッキーこと人気俳優の新垣結衣さん(19)が主演している映画「恋空」の原作に盗作騒ぎがあったことがわかった。関係者によると、別のケータイ小説に内容がダブっているとして、出版社間で話し合いがあったという。トラブルはその後収まったようだが、「恋空」人気に影響はあるのだろうか。

「編集者同士で話し合いがありました」

「恋空」のパクリ疑惑を報じた「週刊文春」
「恋空」のパクリ疑惑を報じた「週刊文春」

   映画「恋空」は、2007年11月3日に公開されてから、邦画の中では、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と人気を二分している。現在まで観客動員は260万人を超え、興行収入は32億円を突破した。邦画の年間トップにまでは至らない模様だが、配給している東宝の映画宣伝部では、「大ヒットの部類に入ると思います」としている。

   そんな中、人気にやや水を差すような報道があった。「週刊文春」12月13日発売号の記事「新垣結衣主演『恋空』を襲ったパクリ疑惑」だ。それによると、原作のケータイ小説は、別のケータイ小説にストーリーがとても似ているとして、一時、出版社間などでトラブルになっていたという。別の小説とは、06年7月7日にベストセラーズ社から発売された井上香織さんの「さよならの向こう側」。

   両小説を比べると、登場人物の表現方法などは違うものの、ストーリーやいくつかの描写場面に共通点が見られる。ヒロインの女子高校生が同じ高校の男子と付き合い始め、その後、がんを患っていたこの男子が心配をかけないようヒロインを遠ざけていたが、やがて再会して悲しい別れを迎える、といったストーリー部分などだ。

   著作権に関わるケースだが、トラブルは本当なのか。

   J-CASTニュースベストセラーズ社に聞くと、総務の担当者はその事実を認めた。

「以前にそういう(著作権がらみの)話が出て、うちの編集者が向こう側の編集者と会ったことはあります」

   文春の記事では、弁護士を通じて、「恋空」を発売したスターツ出版などに著作権侵害を訴える内容証明を送ったとある。ただ、ベストセラーズの総務担当者は、詳しい経緯については、「担当編集者が退職してしまっているので、よくわからない」としている。

「いまさらなにを」ネットは冷ややかな反応

   とはいえ、その後、トラブルはいったん収まったようだ。映画「恋空」の制作関係者は、J-CASTニュースの取材に対し、「権利関係はきちんと処理されて、映画化された」と明かす。文春は、スターツ出版が井上さんのほかの著書を発売することで取引が成立した、との関係者の証言を伝えている。

   こうした著作権や取引のことについて、スターツ出版の編集部では、J-CASTニュースに対し、「(盗作とは)認識していません。『恋空』は、(作者の美嘉さんの)実話ですので、たまたまストーリーが似ていたと考えています。(井上さん側との)取引があったという事実は、認識していません」と話している。

   この盗作騒ぎで、「恋空」人気が変わるのだろうか。試しにミクシィの日記を読んでみると…

「いまさらなにをって話ですよね。ちょっと前にどこぞのケータイ小説大賞で大賞受賞した作品のストーリーがとあるエロゲーのストーリーにまるかぶりだと騒いでいた」
「結局、有名になったもん勝ちなんだろうな。しかも携帯小説とか無料だから、『タダでこんないい話が読めるなんて!』って思うんだろうな」

   と比較的冷めた反応だった。

   もともと、ケータイ小説そのものに、レイプや不治の病など、ありきたりなストーリー展開が指摘されている。今回の盗作騒ぎについても、気にかける人があまりいないようなのだ。ネットでは、若者を中心に、「詳しい内容は書きませんが、是非見に行ってください☆新垣さんの演技力には脱帽です」といった無邪気な感想が多数を占めている。

   とすると、ガッキーもこんな騒ぎには無頓着なのだろうか。J-CASTニュースが所属事務所のレプロエンタテインメントに取材すると、広報担当者は、「僕らが答えるような内容ではなく、原作者の話なので。話し合いは聞いていませんし、何もお話ししようがないですね」と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中