「買い物とセットで車を見てもらう」トヨタ 国内販売活性化に懸命

印刷

   トヨタ自動車が不振の国内販売のてこ入れに取り組んでいる。2007年12月1、2日に東京・お台場で過去最大規模の試乗会を開催したのに続き、同5日には首都圏で初の大型商業施設を横浜市に開業した。トヨタは海外販売が好調で、世界販売台数で首位を狙うが、足元の国内市場は依然厳しく、新たな販売戦略を繰り出し、需要の掘り起こしに懸命だ。

新車効果が一巡すれば、再びマイナスに陥りかねない

07年新車の2台に1台はトヨタだ
07年新車の2台に1台はトヨタだ

   今年のトヨタの国内の新車販売台数は8、10、11月が前年同月比でプラス。他社が軒並み落ち込む中、トヨタはシェアを伸ばし、10月には初の50%を突破し、11月も50%台を維持した。新車の2台に1台はトヨタという勘定で、トヨタの「一人勝ち」に見える。

   だが、トヨタが夏以降、新車販売で増加基調に転じたのは、「ヴォクシー」「ノア」「カローラ ルミオン」など新型車をほぼ切れ目なく投入したからだ。新車効果が一巡すれば、再びマイナスに陥りかねず、トヨタは現状を楽観視していない。むしろ先行きを慎重に見ているからこそ、市場活性化策を相次いで打っている。

   お台場での試乗会は新型車を中心に74台を提供した。レーサーの車に同乗するスリリングな走行体験からペーパードライバー向けの簡単な試乗まで幅広い層に車の魅力をアピールした。車離れが指摘される若者を念頭に、車内での足裏マッサージや音楽鑑賞のコーナーも設けた。トヨタの一丸陽一郎専務(国内営業担当)は「新型車だけではなく、いろいろな工夫が必要だ」と、試乗会の全国展開を検討していることを明らかにした。

   また、トヨタが横浜に開業した大型商業施設「トレッサ横浜」は地上6階建てで店舗面積6万平方メートルの巨艦。トヨタの物流拠点を再開発したものだ。グループの販売店(子会社のダイハツ工業も含む)が勢ぞろいし、高級車から軽自動車まで多様な車種を1か所で選べる利便性が売り物だ。

自動車販売店では取り込みきれないお客狙う

   さらに外部テナントが豊富に入居した。ファッションの「ユニクロ」、生活雑貨の「ロフト」と若者に人気のブランドをそろえた。ほかにもスーパー、スポーツ用品、レストランなど計約220店が入居し、親子連れなど多様な客層の来店が期待できる。12月5日開業の北棟に続き、08年3月には南棟もオープンする。08年度は集客数1100万人、総売上高350億円を目指している。

   トヨタが狙うのは、既存の自動車販売店では取り込みきれない顧客だ。トヨタは同様の施設を関西圏(大阪府八尾市)と中部圏(岐阜市)に出店しているが、いよいよ巨大な首都圏市場に乗り出した。トヨタの渡辺捷昭社長は「買い物とセットでいろんなことを楽しみながら車を見てもらえる。従来のお客様と違う幅広い層にきていただけるのではないか」と新たな顧客の開拓に意欲を示している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中