おバカ「里田まい」のサイン本 「さんま」進呈のはずが「ヤフオク」に

印刷

   「おバカの女王」でタレントの里田まいさんの本が「ヤフーオークション」に出品され話題になっている。明石家さんまさんに進呈した本のようで、商品を紹介する写真には、さんまさんに宛てた里田さんのサインと、「目を流してみて下さい!!」(おそらく『目を通して』の間違い)という意味不明の「おバカ」な言葉が写っている。

「筆跡は里田まいのサインと一致しました」

サイン本が「ヤフオク」に出品され騒ぎになっている
サイン本が「ヤフオク」に出品され騒ぎになっている

   「ヤフオク」に出品されたのは、2007年11月14日発行の「里田まいのおバカ伝説」。書店で売っているのと違うのは、裏表紙に里田さんのサインと、

「さんまさん(ハートマーク)読まないとは思いますが・・・目を流してみて下さい!!」

という言葉が書かれていること。出品されたのは07年12月16日。出品者の「minoru4771」さんは、商品の紹介欄に、

「友人からもらった本です。写真3枚目のサインは全部に入っているのかこの本だけに入っているのかは、不明です。真贋は不明ですが、サインペンで書かれた物で印刷ではありません。筆跡は里田まいのサインと一致しました。これ以上の質問はご遠慮願います」

と書いている。これまで「minoru4771」さんは「ヤフオク」に2200回ほど出品をしていて、購入者の評価も高い。ただし、「minoru4771」さんの出品はこれまで下駄や琵琶、調理器具といったものが中心で、タレント関連の商品は珍しい。

   問題は、サインが里田さん直筆のものかということ。「2ちゃんねる」にはスレッドが立ち検証が行われていて、里田さん本物のサインと比較。

「筆跡の特徴が出るのは止めと跳ね。結果同一です」

など、本物だ、という意見が多く出ている。そのせいなのか、07年12月18日の昼にオークション価格は2500円ほどだったが、急上昇。午後4時時点で5000円を越えた。「2ちゃんねる」では里田さんの本がオークションに出た原因を、

「さんまに渡る前の段階でスタッフがパクったんだと思われる」
「さんまが持って帰らずにMBS(毎日放送)に置いて帰ったんだろ」

などと推測している。

   本当のところはどうなのか。J-CASTニュースが里田さんの所属事務所アップフロントエージェンシーに問い合わせたところ、

「担当者が外出中でわからない」

ということだった。

ディレクターから「勉強はしないようにと言われている」

   ちなみに「里田まいのおバカ伝説」には、里田さんのこれまでのおバカな言動がまとめられていて、例えばカラオケに行ってSMAPの歌を振り付けで歌った時に、

「北海道でも新潟でも振りは変わらないね」

と言ったことや、何度も稽古をしている共演者に「はじめまして」挨拶。周りが不思議に思ったら、「おはようございます」の間違いだった。半年前のジュースを飲んではよく眩暈(めまい)を起こすそうだが、相手にも2年前の野菜ジュースを出そうとして怒られた、などが書いてある。

   里田さんはフジテレビ系クイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」での珍回答が話題になりブレイク。母親は「わざと間違えている」と思っていたそうだ。07年12月15日放送のフジテレビ系バラエティ「GO!GO!サタ」に出演。母親に「わざとではない」と話したところ、驚いた母親は「勉強しなさい!」と、地図を持って追いかけてきたのだという。ただし、「ヘキサゴン」のディレクターから「勉強はしないように」と言われているそうだ。珍解答を出し続けるため、ということらしい。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中