「恋多き女」の武器? 山本モナがキックボクシング

印刷

   「武器」と言っても、相手を蹴り倒すためではない。タレントの山本モナさん(31)が、美容の「武器」として始めたのがキックボクシングだ。モナさんと言えば、民主党代議士などと数々の浮名を流したことで知られる。そんな「恋多き女」の美容には、うってつけのエクササイズのようだ。

「トレーナーさんが元キックボクサー」

山本モナさんがキックボクシングを始めたと明かしたブログの日記部分
山本モナさんがキックボクシングを始めたと明かしたブログの日記部分

   民主党代議士との「不倫路上キス」騒動後は、バラエティーでも才能を発揮している山本モナさん。公私ともに順調なようで、2007年8月下旬には、10年越しの付き合いというゲームクリエーター氏とのフィリピン2ショット旅行をフライデーに再びキャッチされている。

   その後は、しばらく恋の話題から遠ざかっていた。が、ブログをのぞくと、その美貌に磨きをかけようと日々エクササイズに励んでいたことが分かった。都内のスポーツジムで密かに体を鍛えていたのだ。そんなモナさんが、12月26日付日記「突然ですが」で、こう告白をした。

「キックボクシング始めました!(*´∀`*) 少し筋肉をつけようと思って、トレーナーさんと一緒に体改革に着手していたのですが、トレーナーさんが元キックボクサーな事が判明しまして。ならいっそ、そっち始めちゃおうよと!」

日記には、すっぴんの顔で恥ずかしそうにボクシングのグローブを着けたモナさんの写真がアップになっている。

   この心境の変化は、新しい恋の始まりなのだろうか。モナさんの所属事務所のオフィス北野J-CASTニュースが聞くと、マネージャーは、

「いやー、聞いていませんねえ。クリエーターの方とはどうなったかですって?お付き合いについては、私も分かりません」

と話した。一方、キックボクシングについては、

「ヨガやエアロビクスと同じトレーニングの一つで、本格的なものではないということです。運動不足解消のために、定期的にトレーニングしている程度だと思いますよ」

と説明した。モナさんもこの日記で、「K‐1のリングが待ってます。うそです」と明かしている。

格闘技系エクササイズとして人気

   モナさんが始めたキックボクシングは、最近女性に人気になっているようだ。もともとは、タイの国技「ムエタイ」を参考に日本で競技として考案された。最近では、スポーツクラブやジムで格闘技系エクササイズとして人気プログラムになっている。

   全国チェーンのゴールドジムでインストラクターをしている除村(よけむら)元子さんは、テレビや女性誌、DVDでの紹介を通じてもその普及に努めている。除村さんが教えるのは、いくつかある種類のうちグローブを使わないタイプ。

「音楽に合わせてパンチやキックを繰り出す有酸素運動です。脂肪燃焼効果が高く、ストレスを発散しながらダイエットできることが魅力ですね。30~40代の女性は、ガリガリだと体に張りが出ないので、筋肉を締めながら、やせさせたくないところは残すボディメーキングをします。プロポーションを整えて、引き締まった体になるので、女性には自分への自信になるんですよ」

と語る。ここ5、6年で人気が高まり、5、6キロ減量できるケースが多いという。

   06年秋に日本で発売された米国のエクササイズDVDも、売り上げを伸ばしている。最新のダンス音楽とキックボクシングなどを組み合わせた「ターボ・ジャム」だ。07年に「ビリーズブートキャンプ」が大ヒットしてから、ファイティング系のエクササイズが注目を集めているようだ。

   モナさんが習うことになったジムの元キックボクサーは、パーソナルトレーナーだという。もしや新しい恋の予感…と、マネージャーに話を聞くと

「それは、はっきり言ってありません。断言します」

とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中