海外旅行もう飽きられた! 人気は北海道と東京の高級ホテル

印刷

   海外旅行の人気に陰りがみえてきた。JTBがまとめた旅行動向見通しによると、2007年の海外旅行者数は推計で1733万人となり、前年比1.1%減少した。1964年の海外旅行の自由化後に海外旅行者が前年を下回ったのは、1991年の湾岸戦争や2001年の米国同時多発テロ、03年のイラク戦争と重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行など5回しかない。それも戦争などの影響を受けてのもの。大きな理由もないのに減少したのは初めてといっていい。海外旅行はもう、飽きられてしまったのか。

お休みは「絶対に海外」という人は減ってきた

サミットの開催で北海道旅行が注目されている
サミットの開催で北海道旅行が注目されている

   2007年9月にグランドオープンした東京・丸の内、ザ・ペニンシュラ東京の年末・年始はすでに満室だ。「スイートも好評いただいて、もう予約はできない状況です」という。ふだんから、スイートを含め314ある客室は豪華な高級ホテルの雰囲気を満喫したい人から、国際会議に出席する丸の内や欧米のビジネスマンまで、幅広いニーズに応じているが、セレブ気分が味わえると評判で、週末ともなると国内やアジアから観光やレジャーを楽しもうと利用客が集まる。ホテルの料理やラウンジ、スパ&フィットネスなどを利用してのホテルライフを楽しむ人も少なくないという。

   「開業したばかりで利用者の傾向はまだよくわかりませんが、団塊世代のご夫婦の方などはよく見かけますね」(ザ・ペニンシュラ東京の広報担当者)と話す。

   ザ・ペニンシュラ東京に限らず、日本橋のマンダリンオリエンタルホテルフォーシーズンズホテル丸の内、汐留のコンラッド東京など、続々誕生した高級ホテルはいまや女性のあいだで大人気。セレブ気分もあるが、夜遅くまで気がねなく、おしゃれに遊べる立地条件も人気の要因のひとつのよう。東京ディズニーリゾートのホテルパックが人気なのもこのあたりにあるようだ。

   J-CASTニュースはJTBに、「海外旅行は飽きられているのか」聞いた。JTBによると、「飽きてしまったわけではないでしょうね。ただ、少し前のようにお休みは『絶対に海外』という人は減って、自分が行きたいところに行く、これがやりたいから行くといった意識に変わってきたようです。旅行マーケットが成熟してきたといえます」と分析する。安い価格だからそこへ行くというわけでもなく、たとえばリゾート地であれば、沖縄も、ハワイも、バリ島も同じように比べてみて、行きたいところへ行っているのだという。

08年はサミットがらみの北海道、東京ディズニーリゾートに注目

   そのためパッケージツアーも、これまでの国内、海外、周遊型に加えて、体験型や初めて海外旅行をする方、長期滞在型など多彩に用意。「どのタイプの商品も、売れ行きはほとんど同じ」と、商品企画に腐心するようすがうかがえる。

   JTBは旅行者の心理的な要因以外について、「燃料サーチャージの大幅値上げが海外旅行経験の少ない人の意欲を減退させた」とみている。それでも、2008年の見通しは国内旅行で0.5%増の3億1610万人、海外旅行も0.1%増の1735万人を見込んでいる。海外旅行は北京五輪が開かれる中国や、ラスベガスに負けないほどのホテルやカジノが林立するマカオ、リゾートビーチのバリ島に期待を寄せる。国内に目を転じると、洞爺湖サミットの開催地、北海道が注目の的。それと25周年を迎える東京ディズニーリゾートだ。

   グアムやハワイと「張り合える」人気となった沖縄も、サミットの開催がきっかけだった。

「洞爺湖はこれまで北海道内ではいまひとつパッとしなかったが、沖縄のようにサミットの開催で俄然注目です」(JTB)。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中