2008年注目の金融商品 外国の投資信託かロシア株か金ETFか?

印刷

   「貯蓄から投資へ」の流れのなかで、いろいろな金融商品が登場してきた。「預金」だけでなく、株式投資や債券投資、投資信託にJ-REIT(不動産投資信託)、FX(外国為替証拠金取引)に金(ゴールド)、仕組み預金なんていうモノもある。これまでは「金融商品はどこでもいっしょ」だったが、選べるようにもなってきた。

   証券マンに経済評論家、フィナンシャルプランナー(CFP)と資産運用の達人たちに、2007年に印象に残る、ヒットした金融商品をあげてもらい、2008年に注目する金融商品を聞いた。

「マネーの虎」の注目は外国の株式などに投資する投資信託

J-REITのなかでも「格差」が生じてきている(写真はイメージ)
J-REITのなかでも「格差」が生じてきている(写真はイメージ)

   J-CASTニュースで「マネーの虎」を執筆中の枝川二郎さんは、2007年によく売れた金融商品、注目した金融商品に「J-REIT」をあげた。J-REITは、株式をはじめ多くの金融商品のパフォーマンスが不調だったなかで、着実に年利数パーセントの利回りを実現してきた。「数十万円の資金で不動産に投資できるJ-REITは、多くの個人投資家にとって魅力的。なかでも、配当利回りの高さは投資信託の中心的な購買層である年金世代にはウケた」と話す。J-REIT市場の成熟と認知度の高まりとともに、外国人投資家も注目した。

   ただ、07年後半は「変調ぎみ」だった。東京や大阪、名古屋などの大都市の地価が上昇する一方で、地方の地価は下落。その「格差」が問われ、投資物件も東京中心にシフト。J-REITのなかでも「格差」が生じてきた。

   2008年、注目している金融商品は、「外国の株式・債券、代替商品などに投資する投資信託」。株式市場が低迷し、J-REITもリスクが気になる状況ということで、「高い利回りを得るためには、おのずと外国への投資ということになる。いままでは海外への投資はリスクが高いということで敬遠されぎみだったが、個人投資家が情報を集めて、学習を重ねていくなかで、難易度の高い海外投資が増えていくだろう」とみる。リスクをきちんと把握することが大事なのは言うまでもない。

   日本テレビ「ニュース・リアルタイム」で「家計簿チェック」コーナーに出演中のフィナンシャルプランナー、安田まゆみさんは「よく売れたのはバランス型の投資信託ですかね」という。銀行や郵便局の、「分散投資はリスク回避につながる」というセールストークに投資初心者が飛びついた姿が想像できる。

「リスキーだけどひそかに、ロシア株を買います」

   08年の注目は、「ユーロ建ての債券ファンド(ユーロ建ての変額年金を含む)や、金ETF(上場投資信託)ですね。ドル価格の値下がりが当分続くとなると、外貨に投資するなら、高値で推移するユーロ建ての商品。金はイスラム金融の利益等が流れてくるかもしれない」。

   投資について、安田さんは「イケイケ」を自認する。「年始にも、ロシア株を買うつもり」と耳打ちしてくれた。とはいえ、ロシア株はかなりリスキーなので、「投資初心者は絶対にマネしないように」と釘を刺す。

   楽天リサーチが冬のボーナスで購入する金融商品について、全国の20~50歳代の男女1000人を調べたところ、初めて投資する人は「個人向け国債」、投資歴10年以上の人は「国内株式」を買っていることがわかった。「金・プラチナ」も21.1%を占めて4番目に多かった。外貨預金を経験した、投資歴3年以上5年未満の人がFXに挑戦するケースは少なくないようだ。為替相場の動きが激しく損失を抱えている投資家も現れたこともあってか、人気に陰りが見えはじめたFXだが、誰もが気になってはいるらしい。

   エース証券リサーチ本部の坪内建さんの07年に注目した商品は「新興国を対象にした株式投資信託」。新興国の高い成長性と株式市場の高いパフォーマンスが好評だった理由だ。「新興国の株式投信は引き続き注目しているし、08年は商品ファンドも注目。新興国の高成長はまだまだ続くし、インフレヘッジへの期待もある」としている。

「定期預金や郵便貯金」という安全策も見直される?

   経済評論家の荻原博子さんが07年にヒットした金融商品にあげたのは、「郵便局の投資信託と変額保険」。たしかに、郵便局で投信を買う人は少なくない。前出の楽天リサーチの調べでは、投資初心者が投信等を「ゆうちょ銀行の店頭」で購入したケースは17.5%だった。ちなみに、銀行や信用金庫の窓口がトップで39.2%だった。

   現在、16本のうち9本が当初設定の基準価額「1万円」を割っている郵便局の投信。「買った人が、どこまでリスクのことを判って買っているかはわからない」と心配する。

   2008年に注目している金融商品を聞くと、「オススメはね。預金。定期預金や郵便貯金よ。そうでなければ、借金を返すこと」と言い切る。「サブプライムローンは08年が本番だと思ったほうがいい。投資商品を買うのであれば、おカネを捨てるつもりで。いまおカネを出すのは投資ではなくて、投機だということを認識してやってください」。08年が激動の1年になるという予測だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中