「しょこたん」機内でケータイ 「マナー違反」とバッシング

印刷

   ブログの女王「しょこたん」(中川翔子さん)に対するバッシングがネット上で起きている。もともとは、ケータイを新機種に変更したところ、ケータイ写真の画質が悪くブログの更新ができない、と書き込んだのが「騒動」のきっかけだ。しかし、旅客機内では禁止のはずの携帯で写真を撮ってブログにアップしたことはマナー違反だ、という指摘が出ている。さらにケータイの機能が本当に低いのかについても疑問がある。

「機内で携帯はマズいだろwwwwwwwwww」

   「しょこたん」が買ったケータイは、シャープの「SH905i」。フランスに絵の勉強に行く予定があり、海外からのブログ更新に便利だということで選んだのだという。しかし、2008年1月4日付けのブログから悲鳴のような文章が綴られる。

「フラッシュない ガ━━ΣΣ(゜Д゜;)━━ン ぶろぐできないよおおお たすけて」
「画質もあまりひどいならぶろぐできないかも 落ち着きたい だがもうかっちゃったゆ 高かったのに ぶろぐやりやすくないと意味ないああああああ」

つまり、新型ケータイには、フラッシュ機能がなく、撮影した写真は画質が低すぎてブログにアップできない、と嘆いているわけだ。どうやらフランスに行く直前に気付いたようで、空港内と思われる「画質の悪い」写真をブログにアップ。

「いまどきカメラにフラッシュないなんて 確認しようとすらおもわなかった」

と、自分の落ち度は認めるものの、カメラの性能の悪さを読者に確認させたいからなのか、旅客機内から外の景色を撮影しこれまたブログにアップ。

「画質(゜д゜ きをとりなおして フランスに絵の勉強旅 いってきマミタス」

などと書いた。

   「しょこたん」がケータイ写真の画質の悪さを書いたブログは計7本になるが、「2ちゃんねる」ではこのブログを巡ってスレッドが立っている。最初のほうは「しょこたん」を気遣うカキコミや、ケータイそのものに対するバッシングが並ぶのだが、旅客機内からと思われる写真には、

「これじきに削除されるなw」
「離発着時じゃなくても機内で携帯はマズいだろwwwwwwwwww」
「電波を飛ばす(通話やiモード)機器は乗ってる間ずっとダメ 離着陸時は全ての機器がダメ 写メならいいがブログにうpはアウアウ」

など非難のカキコミが出てくる。航空会社は安全上、機内ではケータイの電源を切ることを義務付けているからだ。

「画質の不具合や故障といった事例は出ていません」

   さて、「しょこたん」が購入したケータイ「SH905i」はホントに画質が悪いのだろうか。Q&Aサイトやブログを検索してみると、「(しょこたんに) ギザ共感しました」といったものが相当数出てくる。一方で、「カメラの設定の仕方がポイント。見事に綺麗に撮れています」というものもあって、いくつかのホームページには、正しいカメラの設定を指南するスレッドが立っている。J-CASTニュースが「SH905i」ユーザーに直接聞いてみても、「画質はいい」という人が多いようだ。

   さらに、「しょこたん」がケータイを選ぶに当って、「確認しようとすらおもわなかった」

   と書いたことについても、

「ただの情報弱者の愚痴にすぎんな」

と切り捨てるカキコミも出ている。

   NTTドコモ広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「これまで特に、画質の不具合や故障といった事例は出ていません」

ということだった。また、「SH905i」には撮影時のライト機能が付いていないが、撮影には支障がなく、ライト機能付きか、付かないケータイを選択するのは利用者の好みなのだそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中