Wiiフィット売切れ店続出 1か月で100万台突破の「異常人気」

印刷

   健康をテーマにした任天堂のゲームソフト「WiiFit(ウィーフィット)」の販売が、発売から1か月ほどで100万台を超えた。コントローラーをセットにしたゲームソフトは売れにくいというのがゲーム業界の「常識」らしいが、そんなことはお構いなしに破竹の勢いで売れ、一部では「品切れ」の店舗まで出てきているようだ。

「Wiiスポーツ」と比べても勢いがある

「WiiFit」の販売が100万台を突破した
「WiiFit」の販売が100万台を突破した

   任天堂が2007年12月1日に発売した「WiiFit」の販売数が、08年1月6日の時点で100万台を突破したことが分かった。

   「WiiFit」は、「家族の健康」をテーマにした新しいタイプのゲームで、ソフトに同梱されている「バランスWiiボード」という体重計型のコントローラーに乗って遊ぶ。コントローラーにはセンサーが内蔵されており、このセンサーで体重や重心などを感知して測定。綱渡りやヨガといったスポーツを疑似体験できるほか、ユーザーのゲームの成果や体重のデータを蓄積できる。コントローラーが付属しているため、税込みで8800円と、ゲームソフトとしては価格が高めだ。

   任天堂広報はJ-CASTニュースに対し、06年12月に発売したソフト「Wiiスポーツ」と比べても「勢いがあるのは間違いない」と話す。

   「実際に、一部では売り切れになっている店舗も結構あると聞きます。出荷した分だけ売れているという状況です」(同社広報)

   2008年1月9日現在で、家電量販店の通販サイト「ヨドバシドットコム」では入荷が間に合わずに「販売休止」、「ビックカメラ.COM」でも「完売」となっている。

   ゲーム雑誌出版のエンターブレインの調査によれば、2007年1年間のゲームソフト推定販売数では「Wiiスポーツ」が191万本でトップ。「WiiFit」も81万8千本で、発売から1か月も満たないにもかかわらず、年間ランキングで16位に食い込んでいる。ちなみに07年12月の月間ランキングで、「WiiFit」は1位になっている。

「今ではWiiと付けば何でも売れる」

   「Wii」本体の販売台数は累計で462万台(エンターブレイン調べ)。ゲームソフトの2008年の年間販売で上位に食い込むのはすでに確実だが、「WiiFit」の販売台数がこの数字にどれだけ近づくのか注目されるところだ。

   2008年1月9日付けの日経新聞のインタビュー記事では、任天堂の岩田聡社長の

「周辺機器を使ったゲームは売れないという業界の常識もあり、消費者に受け入れられるのか懸念はあった」

というコメントが紹介されている。コントローラーをセットにすると売れにくいのが業界の「定説」ということらしいが、同社広報は「発売から間もないので好調の理由ははっきり分からないが、健康に興味を持っている方に関心を持ってもらえたのでは」と話している。一方で「今ではWiiと付けば何でも売れる状況になってきている」(ゲーム業界関係者)との指摘もあり、「Wiiブーム」はしばらく続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中