「キングコング」西野VS書評家吉田 いけすかないヤツはどっちだ

印刷

   人気お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、2008年1月10日付けのブログで、書評家の吉田豪さんへの怒りが収まらず、再び「蹴飛ばしたい」、と書いた。そもそもの原因は、吉田さんがラジオの番組で、「キングコング」の「M-1グランプリ」(漫才の日本一決定戦)の優勝はありえない。さらに、「アイドル食いのいけすかないヤツ」などと語ったからだ。吉田さんは08年1月7日放送のラジオで「キングコング」の優勝は100%無いなどとは言っていない、と弁解したが、「アイドル食いのいけすかないヤツ」は、この放送でも何度も繰り返した。

「直接会って『なんぼのもんじゃい』と言いたいんだ」

西野さんは吉田さんを本当に「蹴飛ばす」のか
西野さんは吉田さんを本当に「蹴飛ばす」のか

   西野さんのブログ「西野公論」(08年1月10日付け)にはこんなことが書かれている。

「僕が『蹴飛ばしたい』と書いた吉田豪さんとダイノジの大谷さんが交流があって、大谷さん曰く『吉田豪さんも会いたがってたよ』との事で、僕はやっぱり直接会って『なんぼのもんじゃい』と言いたいんだ。蹴飛ばしたいんだ」

   事の騒動は07年12月17日放送の吉田さんが出演したTBSラジオの番組「コラムの花道」。07年の「M-1」で誰が優勝するのかという話になり、「キングコング」が本命視されている、という話の流れの中で、吉田さんは、

「キングコングだけは無いですよ」

と全面否定した。そして「キングコング」について、

「アイドル食いのいけすかないヤツですよ」
「面白くないですよ。本当に」

と話した。

   「M-1グランプリ2007」の決勝戦は07年12月23日。「キングコング」は最終3組まで勝ち残るのだが、優勝は逃した。西野さんは07年12月26日付けのブログで、優勝を逃した悔しさと、ファンや自分達を支えてくれた先輩へのお詫びを書いた。そして、先の吉田さんのラジオを、スタッフ達と一緒に乗ったタクシーの中で聞いたとし、

「『キングコングの優勝は100%ない。あんな女ったらしのいけすかない奴ら』と、理由がよくわからない予想をされていたのを偶然聞いて、『吉田豪の目ん玉はアホだ』という事を証明したかったんだけど、結果負けちゃって吉田豪さんの言うとおりになっちゃった。それでもお逢いする機会があれば蹴飛ばしたいな。歳がかなり上だから怒られるだろうけど」

と「宣戦布告」とも取れる文章を綴った。

吉田さんは西野さんに取材を申し込んでいる

   吉田さんはというと、08年1月7日放送の同番組に出演。西野さんの書いた先のブログを読み上げた。西野さんのブログが間違っていて、「キングコング」の優勝は100%無いとは言っておらず、「本命はいない」というのがその時の自分の考えだ、というのだ。たまたま番組司会の小西克哉さんから、「キングコングって?」と聞かれたから

「前も説明したように、アイドル食いのいけすかないヤツですよ」

と話しただけ、と説明した。この「いけすかないヤツ」というのは、漫才が下手ということではなく、アイドルと付き合っているのに、質問されるとしらばっくれる態度を取るヤツを指すのだという。

   吉田さんは今回の件にからんで西野さんに取材を申し込んでいることをラジオで明かしたが、果たして西野さんは取材を受けるのか。もし受けたとして本当に西野さんは吉田さんを「蹴飛ばす」のか、気になるところだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中