「Wiiを40歳の反射神経でプレイ」? 英女王「ニンテンドー中毒」の兆候

印刷

   日本国内では450万台を売り上げ、大人気の任天堂家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」だが、英国ではエリザベス女王(81)が「ハマっている」らしい。それ以外にも、定期的にケータイを「機種変」したり、スマートフォンの利用も始めた、などと報じられている。80歳を過ぎても、意外に「サイバー生活」になじんでいる様子だ。

6GBの容量を持つiPodを持っている?

07年からは、クリスマスメッセージをユーチューブでも配信している
07年からは、クリスマスメッセージをユーチューブでも配信している

   英タブロイド紙「ピープル」は2008年1月6日、「Q"WII"N」との見出しをつけ、王室関係者の話として、女王がWiiを楽しむ様子を報じた。

   同紙によると、Wiiはウィリアム王子(25)の交際相手であるケイト・ミドルトンさん(25)が王子にクリスマスプレゼントとして贈ったもの。ところが、前出の関係者によると、

「王子が昼食後にサンドリンガム宮殿でWiiをプレイしている様子を女王が見て、女王はWiiがものすごく面白そうだと思い、『私もまぜてほしい』と頼んだ」

のだそうだ。

   プレイしたとされるのは、独特のコントローラーを使ってスポーツを疑似体験する「Wii Sports」のボーリングで、「40歳代の反射神経」でプレイしたという。さらに、同紙では、

「王子の現在の唯一の困難は、女王からWiiを取り返すことだ。女王には、『ニンテンドー中毒』になる、あらゆる兆候が現れている」

と報じている。

   女王が電化製品に親しんでいる様子を報じられたのは、これが初めてではない。

   01年には、タブロイド紙「ザ・サン」が、女王の次男に当たるヨーク公アンドルー王子が,女王にシーメンス社製の携帯電話の端末をプレゼントしたと報じており、前出のピープル紙によると、「定期的に、最新機能をもった端末にアップグレードしている」のだという。

   さらに、05年6月には、タブロイド紙「ザ・サン」に、女王は6GBの容量を持つiPodを持っている、とも報じられているほか、07年6月に高級紙「デイリー・テレグラフ」が報じたところによると、女王は自分のメールアドレスも持っている。だが、自分でメールを書くという訳ではなく、「他の人に口述筆記してもらう」のだそうだ。

ポッドキャストに対応、07年からユーチューブで配信

   また、同じくデイリー・テレグラフ紙が07年6月に報じたところによると、「王族やスタッフと、いつも緊密に連絡が取れるように」と、スマートフォンの一種である「BlackBerry(ブラックベリー)」の使用も始めたのだという。

   もっとも、いずれのエピソードも公式に確認されているものではないので、真偽は不明な部分もある。

   ただし、公式に確認できるエピソードもある。女王は1957年以来、毎年12月25日のクリスマスに、テレビで英連邦各国に向けてメッセージを発表するのが恒例となっているが、06年からはポッドキャストに対応し、07年からはユーチューブでの配信も始めている。

   ユーチューブでの配信開始の際に、

「女王は、国民とコミュニケーションを取るための、新しい手段を常に把握している。より多くの人にメッセージを届けることと、適切なコミュニケーションが出来るようになることについて、常に意識している」

とのバッキンガム宮殿によるコメントが出されている。女王がインターネットへの関心を強めている、ということは間違いなさそうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中