家庭で充電できる新世代ハイブリッドカーを2010年までに発売 トヨタ

印刷

   トヨタ自動車は、リチウムイオン電池を搭載した新世代のプラグイン・ハイブリッドカーを2010年までに発売する。2008年1月13日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で発表した。プラグイン・ハイブリッドカーは一般家庭の電源から充電できる「新世代型」で、多くの電気を蓄えられるようにして電気走行を増やすことで、現行の「プリウス」よりも二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす。搭載するリチウムイオン電池はトヨタと松下グループが共同出資しているパナソニックEVエナジーが量産化を検討。トヨタは、「今回の発表はプラグインハイブリッド車の普及に向け、次のステップに進むもの」としている。
   なお、北米市場で販売している大型ピックアップトラック「タンドラ」と大型SUV「セコイア」に、新型V8クリーンディーゼルエンジンを近く投入することを併せて発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中