母親の腹部に人形埋め込み? 「猟奇殺人」とマンガの関係

印刷

   青森県八戸市のアパート火災の現場から母子3人の遺体が見つかった事件の発生から1週間が経つが、容疑者として逮捕された長男(18)は犯行動機を明らかにしないままだ。一方で、事件現場からは「猟奇的場面が出てくるマンガや週刊誌など数十冊」が押収されたり、「殺害された母親の腹部には人形が埋め込まれていた」と報じられており、「猟奇的殺人」の面が強くなりつつある。

オルゴールの付いた20センチほどの女の子の人形?

   事件が発生したのは、2008年1月9日夜。青森県八戸市根城(ねじょう)のアパートの1室が焼け、焼け跡から3人の遺体が発見された。遺体で見つかったのは、この部屋に住む女性(43)と、中学生の次男(15)、長女(13)。遺体には、刺し傷と切り傷のような外傷が見つかったという。

   長男(18)は行方不明になっていたが、翌1月10日早朝になって、現場から2キロほど離れたJR八戸駅で発見された。サバイバルナイフを振り回して逃走したため、直後に銃刀法違反の現行犯で逮捕された。長男は「自分がやった」などと供述し、3人の殺害を認めているという。

   その一方で、犯行動機については、解明は進んでいない模様だ。供述には捜査員が理解できない部分も多いという。近く殺人と放火容疑で再逮捕する一方で、精神鑑定も視野に入れて捜査を進めたい方針だ。

   八戸署では

「レク(主に記者クラブ加盟社に向けて行われる事件の背景説明)の内容はお話しできない」

としているが、各社の報道を総合すると、さまざまな「周辺情報」が浮かんでくる。例えば、遺体の状況についてだ。遺体の肺にすすが入っていないことから、刺殺された後に、放火されたものとみられているが、母親の腹部に、人形が埋め込まれていたというのだ。その様子について、例えば地元紙「デーリー東北」の08年1月16日付けでは、

「母親の腹部は十字に深く切られており、中にはオルゴールの付いた20センチほどの女の子の人形が埋め込まれていた」

と報じている。

「スクールデイズ」か「ひぐらしのなく頃に解」なのか

   また、各紙が1月13日から1月15日にかけて報じたところによると、

   「焼け跡から猟奇的ストーリーが展開されるマンガや週刊誌が多数押収された」とのことで、毎日新聞は、1月13日付けで、作品の内容をこのように報じている。

「漫画本は数種類で、人気パソコンゲームを漫画化したミステリー作品は殺人場面が多く、登場人物が刃物で首を切ったり、モデルガンで背中を撃つシーンもあった」

   さらに、複数のメディアが、

「作品はテレビアニメ化されており、07年に京都府で16歳の少女が父親を斧で殺害する事件が起こった際には、一部の民放局が『事件を連想させる』として放送を自粛した」

などとも報じている。今のところ、作品名を名指ししたメディアはないが、京都府で事件が起こった際には、「スクールデイズ」「ひぐらしのなく頃に解」といった作品が放送休止に追い込まれており、今回の事件現場でも、このいずれかの作品が押収されたものとみられる。

   長男は「パソコンを見てくれ」と話しているといい、犯行動機の解明にはこのPCの解析が不可欠だ。ただ、事件現場から押収されたデスクトップPCは消火作業で水をかぶっており、電源が入らない状態だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中