「ブリちゃんが死ぬのはいつ?」 トンデモ「サイト」に「投票」殺到

印刷

   「ブリトニーは、いつ死ぬでしょう?」――トラブル続きの歌手、ブリトニー・スピアーズさん(26)をめぐって、こんな物騒な内容の「懸賞サイト」が登場、騒ぎになっている。真偽は不明ながらも「死亡日を当てた人にはPS3をプレゼント」という触れ込みで、すでに2万を超える「投票」が殺到している。さらに、AP通信がブリトニーさんの死亡記事の予定稿を用意していることまでわかり、騒動は拡大している。

「当てた人には賞品としてPS3が贈られます」

物騒なサイトに「投票」が殺到している
物騒なサイトに「投票」が殺到している

   ブリトニーさんは、以前から「奇行」が問題視されており、例えば2007年には、突然自らの頭を丸刈りにしたり、カメラマンを傘で叩いたりするなどした。さらに08年には、元夫と訴訟で2人の子どもの親権を争っていることをめぐって、1月3日夜に子どもと面会後にトラブルを起こし、自宅から病院に搬送されている。

   これが影響したのか、1月上旬には、ブリトニーさんが死亡する日時を当てようとする、物騒な英語サイトが登場したのだ。その名も「WhenIsBritneyGoingToDie.com(ブリトニーはいつ死ぬのか)」。

   イタズラが過ぎるサイトだが、個人が開設したものなのか、法人によるものなのかははっきりしない。ドメイン(インターネット上の住所)の登録情報を調べる限りでは、08年1月4日に、オランダのホスティング会社経由で登録されている模様だ。

   サイトの内容はというと、「ブリトニーが息絶えるのはいつになるか予想しましょう」との文章があり、「予想年月日」と「死ぬ前に書くお悔やみの言葉(pre-condolences)」を書くコメント欄が用意されている。そして、「当てた人には賞品としてPS3が贈られます」とも書いてある。

「もう長くない」という声が多い

   08年1月21日現在で、「投票数」はすでに2万9000を超えており、「死亡予定日」として、ここ数ヶ月の日付が指定されている例も少なくない。いわば「もう長くない」という声が多いのだ。さらに、コメント欄は

「薬の飲み過ぎで死にます」
「あばずれは今すぐ死んでしまえ」
「心不全で死ぬと思う」

といった罵詈雑言(ばりぞうごん)であふれている。

   もっとも、サイトが反社会的な内容なだけあって、

「こんなサイト間違ってる!反吐が出る」
「何でブリトニーを助けようとしないの?」

といった抗議の声も、数は多くはないものの挙がっている。

   「イタズラサイト」以外にも、騒ぎに拍車をかけるような出来事が起こっている。「USウィークリー」誌が伝えるところによると、AP通信がブリトニーさんが死亡した時の「予定稿」を用意している、というのだ。報道機関が、若い著名人の死亡予定稿を作成するのは異例。同誌などによると、AP通信の担当者は予定稿作成の事実を認めた上で、

「何かが起きた場合に備えておく必要がある」

などと理解を求めたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中