フリーアナ鈴木史朗69歳 「神業」ゲームテクに感動、絶賛

印刷

   フリーアナウンサー鈴木史朗さん(69歳)がテレビゲーム「バイオハザード4」で遊ぶ映像が「ユーチューブ」にアップされ、その凄いゲームのテクニック画像にネットは騒然としている。「神級レベルだ!」「こんな爺さんになりたい!」と、尊敬のカキコミであふれている。難易度が高いゲームなのに、いとも簡単に攻略できる秘密は、「敵が襲ってくる時の苦痛に耐える根性がたたき込まれている」からなのだという。

「苦痛に耐える心をゲームが与えてくれる」

鈴木さんがゲームをプレイしている動画がユーチューブでも人気だ
鈴木さんがゲームをプレイしている動画がユーチューブでも人気だ

   「ユーチューブ」にアップされている画像は、2008年1月1日にフジテレビ系特別番組「カワズ君の検索生活2008年の初めに全力検索!一番見たい動画がここにあるSP」で放送されたもの。鈴木さんのゲームの腕前が凄い、とネットで噂になっていることから、この番組で検証したのだ。

   番組に登場した鈴木さんは、クリアすることが難しいといわれる「バイオハザード4」を、なんと、難易度レベルを最上級に設定して5回もクリアしたことを明かした。「バイオハザード」は全世界で大ヒットしているホラー・アクションのゲームシリーズで、襲い掛かってくるゾンビを銃などで撃退しながらストーリーを進めていく。

   番組では、同ゲームのミニゲームにチャレンジ。一般の人が取れる得点はせいぜい2000点~3000点くらいだというが、鈴木さんは襲ってくる敵のタイプに合わせ、ピストル、手榴弾、ライフルと手際よく武器を選択。「手榴弾で一応ぶっ殺しときます」「くっそーこの野郎!」とゲームに集中し、なんと9万3150点も獲得した。

   この「ユーチューブ」の画像は、08年1月22日現在で、22万回以上が閲覧されている。コメント欄には絶賛するカキコミ、

「僕よりうまい(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル」
「俺もこんな爺になりてぇもんだ」
「この歳で、こういう考え方ができるっていうのは本当にすごいことだし、腕もすごい、マジでそんけいするわ」

   などが並んでいる。鈴木さんのゲームテクニックだけでなく、ゲームを終えた後の言葉に感動している。

「一つの出来事、小さいことを達成していくことによって、人間って成長するわけですよね。ゲームを悪く言う人もいますけど、辛抱する心、恐怖に耐える心、苦痛に耐える心をゲームが与えてくれる」

   人生をゲームからも学ぼうとする前向きな姿勢に尊敬の念を抱いているのだ。

「バイオ4」攻略できたのは、「自分と加山雄三だけ」

   ところで、鈴木さんはどうしてこんなにゲームが得意なのだろうか。鈴木さんは健康食品会社タブ・ハウスのホームページ上のインタビューに登場していて、「バイオハザード4」をクリアしたのは、芸能界で自分と加山雄三さん(70歳)だけ、と話している。鈴木さんが加山さんと初めて会ったとき、「クラウザー!」(バイオ4の主人公の敵役の名前)とあいさつを交わして以来、ゲーム親友になったそうだ。若い人がクリアできないゲームをこの2人がクリアできた理由は、

「敵が襲ってくる時の苦痛に耐える根性がたたき込まれているからですね。精神力がないと、困難を乗り越えることはできません」

   J-CASTニュースが所属事務所クリエイティブメディアエージェンシーに取材すると、鈴木さんがゲームで遊ぶようになったのは「ファミコン」全盛期の頃からで、お子さんと一緒に遊んだりしていた。特に好きなのがやはり「バイオハザード」シリーズで、現在も「バイオ4」を徹底的にやり込んでいる。「バイオ4」をクリアできた最大の理由である「苦痛に耐える根性がたたき込まれている」について同事務所では、

「戦前生まれの方なので、現在ゲームをしている豊かな世代の若者とは違った人生経験がある、ということなのではないでしょうか」

   と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中