東国原知事「県庁に命名権」発言 斬新アイデアに内部から「異論」

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事が記者会見で、県庁の「ネーミングライツ(命名権)」導入を検討する方針を明らかにした。実現すれば、「○○宮崎県庁舎」といった具合に、県庁の通称名の頭に企業名が冠されることになる。しかし、庁舎のネーミングライツを売り出した前例はなく、県民の理解が得られるか、といった「異論」が内部から出ている。

「結構広告価値はあると思うんですがね」

東国原知事は「県庁ネーミングライツ」案を検討する意向というが・・・
東国原知事は「県庁ネーミングライツ」案を検討する意向というが・・・

   就任から1年を迎えた東国原知事は2008年1月21日の定例会見で、観光客が増加傾向に転じた点を挙げて、「維持する以上に上げたという功績を誰も褒めてくれなくて、自分で自分を褒めている有森(裕子)さん状態」と述べたほか、ネーミングライツについて持論を展開した。

   「県立芸術劇場」のネーミングライツを医療機器のメディキットが2000万円の3年契約で買い取り、08年4月から通称名が「メディキット県民文化センター」になることに触れ、

「県庁をネーミングライツってできないですかね? またそういうこと言うと、ご批判とか受けるのかもしれませんけど。30万人ぐらい(観光客が)いらっしゃっていると、(県庁の)結構広告価値はあると思うんですがね。そういったものは今後検討していきたいと思っています」

と発言。県庁舎のネーミングライツ導入を検討したいという意向を示した。

   県庁にネーミングライツを導入するのは前代未聞の話。もっとも、知事の「斬新なアイデア」には首をかしげる県職員もいるようだ。

県庁舎のネーミングライツはどこもやっていない

   県総務課はJ-CASTニュースに対し、

「行政財産のうち、県民が利用する図書館、県営グラウンドといった公共財産についてのネーミングライツの話は全国でありますが、県が直接使っている県庁舎などの公用財産のネーミングライツはどこもやっていないです。仮に企業の名前が頭についたら、県民はどう思うんでしょう? 一般の県民が許せるのか。法的には問題はないが、県庁に民間企業の名前が入るのは、社会通念上問題があるのではないでしょうか」

と話しており、法的には問題ないとしながらも、知事の「県庁ネーミングライツ案」については否定的な立場だ。

   さらに、県総務課は会見の翌日の1月22日に、「本庁舎のネーミングライツ導入は県民の理解が得られるのか」「実際には難しいのでは」といった趣旨の意見書を東国原知事宛てに提出したという。

   総務課担当者は、「知事も(発言に)含みを持たれたのかもしれませんが、我々のはるかに前を前を行ってますから」と漏らしており、東国原知事の「斬新なアイデア」をちょっと「困った」といった具合に受け止めているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中