買いたいコーヒーランキング スタバがマックに「完敗」

印刷

   最近はファーストフード店でも人気のコーヒーだが、「買いたいコーヒーNo1」を調査したところ、マクドナルドのコーヒーが、スターバックスよりも上位にランクインしたことがわかった。コーヒー専門チェーン店がファーストフードに「敗北」してしまったのは何故なのだろうか。

値段が「購入意向」に大きく反映

「一番買いたいコーヒー」はどれだ(写真はイメージ)
「一番買いたいコーヒー」はどれだ(写真はイメージ)

   オリコンの子会社「オリコンDD」が2008年1月22日に発表した「顧客満足度調査」の結果によると、「買いたいコーヒーランキング」の1位に選ばれたのは、意外なことにマクドナルド(10点満点で7.31点)。ドトール(6.68点)、モスバーガー(6.45点)と続き、「コーヒー専門チェーン」として名高いスターバックスは6.25点と、4位の座に甘んじた。5位はミスタードーナツ(5.42点)だった。

   調査は07年11月12日から21日にかけて、カフェチェーンやファーストフード店で「ホットコーヒー」を3ヶ月に1度以上飲む20歳~39歳の男女1280人を対象に行われた。「セントラルロケーションテスト」という、街頭で歩いている人を呼び止めて、特設会場に誘導して行う方式で行われた。具体的には、代表的なカフェ・ファーストフードチェーンのコーヒー5種類のうち2種類を、どの会社のコーヒーかは明らかにせずに飲んでもらい、「香り」「苦み」「酸味」「後味」「濃さ」「全体のバランス」の6項目を10段階で評価してもらった。

   この段階では、「酸味」以外の5項目で、スターバックスのコーヒーが1位を獲得(同率1位を含む)、「おいしさ」の面では一応評価を得たといえる。ただ、「濃さ」の項目以外は、各コーヒーの評価は拮抗していた。ところが、実際の販売価格を伝えた上で、改めて「購入意向」を10段階で聞くと一転、冒頭の「マックがダントツで1位」という結果が出たのだ。調査を行ったオリコンDDでは

「『味』の面での評価と、販売価格を踏まえた評価では、大きく食い違っています」

と話しており、実際に販売価格を聞いてみると、マクドナルドが100円、ドトールが180円、モスバーガーが190円、スターバックスが280円、ミスタードーナツ(おかわり自由)が262円だ。「買いたいコーヒーランキング」の上位3位が「価格ランキング」と一致しており、相当に割高感が敬遠された形だとも言えそうだ。

米国でもマクドナルドのコーヒー「一番味が良い」

   もっとも、この調査では、被験者に「購入意向」を聞いたあとに、コーヒーのブランド名を明らかにしているので、「ブランド力」が、購買行動にどの程度作用しているのかは、はっきりしない。

   この「思わぬ敗北」に対して、スターバックス側は、どう受け止めているのか聞いてみた。同社のマーケティング本部によると、

「調査結果は参考にさせていただこうと思いますが、ちょっとこれ以上はコメントのしようがありません。ただ、味については評価していただいているようですので、その点については素直に喜びたいと思います」

とのことだった。

   なお、米国でも同様の調査が行われている。「Consumer Reports Magazine」07年3月号によると、4つのチェーン店の同価格帯のコーヒーを、トレーニングを受けた調査員が飲み比べたところ、バーガーキング、ダンキンドーナツ、スターバックスを押さえて、マクドナルドのコーヒーが「一番味が良い」と判定されたのだそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中