アイドリング滝口ブログ閉鎖 でも「毒舌ネタ面白いじゃん」

印刷

   アイドルグループ「アイドリング!!!」のメンバー・滝口ミラさん(18)が、ブログの閉鎖を宣言した。芸能人の「毒舌ネタ」を事務所に送ったつもりが、誤ってブログにアップ、その「責任」を取ったらしい。「毒舌ネタ」はネット上で大きな反響を呼び、滝口さんはブログで謝罪、当面のあいだ閉鎖するとしている。

「尻が軽そうな沢尻エリカ」

「アイドリング」滝口さんのブログには「お詫び」が掲載されている
「アイドリング」滝口さんのブログには「お詫び」が掲載されている

   「アイドリング!!!」は、フジテレビ発の女性アイドルグループ。フジテレビ系のCS放送の番組「アイドリング!!!日記」などにレギュラーで出演している。07年7月にはCDデビューも果たした。「アイドリング!!!」のメンバーは9人で、滝口さんは「アイドリング5号」として活躍中だ。

   そんな滝口さんのブログ「滝口ミラの女子高生日記っちょ。」で、2008年1月23日午前1時ごろ、「ネタ」と題されたエントリーが更新された。

   エントリー冒頭の「一日遅くなりました!よろしくお願いします!」という言葉の後にあったものは、有名女性タレント・女優を話題にした「毒舌ネタ」計17本だった。

   その例を挙げると、

「漱石枕流【強情で負けん気が強いこと】友達小倉優子の声マネをするスザンヌ」
「名詮自性【名がそのものの性質を表している】裏がありそうな松浦亜弥 尻が軽そうな沢尻エリカ 飽きないはずだよアッキーナ リアル感0リアディゾン」

というもので、そのほかギャル曽根さん、後藤真希さん、熊田曜子さん、蒼井優さんなどが四字熟語に合わせてネタにされていた。

   このエントリーのコメント欄には、不快感を表すコメントが相次いでいたようで、このネタが書かれたエントリーのほか、23日昼までにブログに投稿されたコメント全てが削除され、

「今回皆様には、御親切な御注意御指摘をいただき、誠にに有難うございました。多くのコメントを削除させて頂きました件につきましては、失礼をお許しくださいますようお願い申し上げます」

というサイト運営者名が入ったコメントが掲載された。

ネタとして高く評価する書き込みも多い

   さらに、その40分ほど後になる1月23日午後1時過ぎには、

「すみません。私のブログの中で不快な気持ちにさせるような事を載せてしまったこと、お詫びします。事務所とのやりとりの中で、未完成のRー1のネタの一部をまちがってアップしてしまいました」

と滝口さん本人が謝罪したと思われるコメントが掲載された。ちなみに、「R-1」とは、2008年1月26日から開催されるピン芸人がネタを披露して競い合う「R-1ぐらんぷり2008」のこと。どうやら、そこで使うネタを事務所に送ったつもりが、誤ってブログにアップしてしまったということらしい。

   さらに、

「このブログをちゃんと管理できるまで、しばらくの間ブログは閉鎖しようと思います。また再開できるように日々努力したいと思います。ほんとにすみませんでした」

とブログを当面閉鎖すると宣言している。

   しかし、どうやら大物タレントを扱った「毒舌ネタ」は好評のようだ。インターネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」でも、このブログが話題になり、批判や「本当にアイドリングストップしなくても」といった指摘もあるが、

「これがこの女子高生が考えたネタならたいした才能だぜ・・・」「そこそこ、面白いじゃん」「普通におもしろいじゃんw」

と「ネタ」をネタとして高く評価する書き込みも多くある。ちなみに、「R-1ぐらんぷり」のホームページによれば、滝口さんは07年の同大会にも出場、2回戦で敗れている。

   J-CASTニュースは滝口さんの所属事務所に取材を申し込んだが、この件についてはノーコメントとのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中