風力発電トラブル相次ぐ 台風や落雷には弱い

印刷

   風を利用して発電する風力発電に「逆風」が吹いている。風車が強風で破損したり、落下したり、風車を支える鉄塔が倒壊するなどのトラブルが相次いでいるのだ。風車の75%以上は外国製で、日本の気候に対応しきれていないという指摘も出ている。

落雷で重さ4トンのブレードが落ちる

国内で使用されている風車の75%が外国製だ
国内で使用されている風車の75%が外国製だ

   日本では1980年代末から90代初めに導入が始まり、ここ数年で急速に普及が進んでいる。風力発電を推進する独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の調べでは、01年度に設置されていたのが434基だったのに対し、06年度では1314基と3倍以上の伸びを示している。

   ただ、普及が進むにつれて、トラブルが増えているのも事実だ。

   つい最近の例では、08年1月24日、北海道室蘭市が所有する風力発電所で、ブレード1枚が落ちているのが発見された。ガラス繊維強化プラスチック製で、長さは26.8メートルで重さは4トン。幸いにもけが人は報告されていない。ブレードの根本にすすが付着していたことから、落雷が原因と見られている。

   落雷以外にも、強風が原因で設備が壊れる例もある。04年12月に岩手県で開業した風力発電所「釜石広域ウインドファーム」では、05年2月、風速40メートルを超える吹雪と雷で3基のブレードが壊れた。開業直前の11月末にも、2基のブレードが折れたばかりで、開業わずか3ヶ月で43基中5基が壊れるという異例のペースだ。

   07年1月には、青森県東通村の風力発電所「岩屋ウインドファーム発電所」で高さ68メートルの鉄塔が倒壊。基礎の鉄筋コンクリート部分が破損し、根本から倒れていたことから、関係者に衝撃が広がった。

   03年9月に沖縄県を襲った台風14号では、宮古島にある風力発電用の風車が、風速60メートルまで耐えられる設計だったにもかかわらず、鉄柱部分が根本から折れている。

日本で使用する風車の75%以上が外国製

   さらに、「溶接不良」が原因で事故が起こった例もある。三重県伊賀市に設置された風力発電機では07年12月、鉄塔最上部から、風車部分(重さ1.9トン)が落下。落下の原因は、風車を支える部品と鉄塔をつなぐ部分が溶接不足で破断したと見られている。

   トラブルの多発を受けて、NEDOが全国926基を対象に行った調査では、06年4月から07年2月の11ヶ月間で、3日以上停止した故障・事故は77件におよんだ。全体の8.3%が、何らかのトラブルを経験している計算だ。内訳は落雷が14件で、原因不明が33件。

   これらの事故の原因を「気候の違い」に求める声もある。風車の製造は欧米メーカーが先行しており、日本で使用されている風車の75%以上が外国製だ。ところが、欧州の日本の気候の違いがトラブルの原因になっている、という声もあるのだ。例えば、欧州では年中安定した風が吹くのに対して、

日本にはひんぱんに台風が襲来し、「欧州仕様」では対応できない、といった具合だ。

   これを受けて、NEDOでも05年度から07年度にかけて、自然現象による事故を減らすための対策をまとめた「日本型風力発電ガイドライン」の策定を進めている。

   これが奏功しているのかどうかは不明だが、先の調査結果によると、トラブルが発生する確率は年々減少を続けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中