入れ歯には貴金属がいっぱい リサイクルで「2500円」になる

印刷

   環境に役立つリサイクルが叫ばれるなか、使用済みの入れ歯をリサイクルしようとするNPO法人が登場した。入れ歯に含まれる貴金属が換金可能なのがその理由で、入れ歯1つあたり2500円分の価値があるという。この団体は収入を日本ユニセフ協会などに寄付し、総額はすでに1300万円に達している。

金、パラジウム、銀など貴金属が多く含まれている

   このNPOは「日本入れ歯リサイクル協会」(埼玉県)。歯科技工所の役員や歯科医師などが集まって06年12月に設立。通常は、使われなくなった入れ歯はゴミとして捨てられるか、「死蔵」されるかだったが、これをリサイクルしようという試みだ。

   実は入れ歯には貴金属が多く含まれており、これを換金して途上国の援助に生かしたい、というのだ。具体的には、部分入れ歯の場合、合金が約5グラム使われ、金、パラジウム、銀などで構成されている。これらを換金した際、おおざっぱに平均して1個あたり2500円の価値があるのだという。入れ歯1個を貴金属精製会社に持ち込んで換金しようとしても、精製・分析費用の方が高く付いてしまうが、まとまった数を一度に精製することでコストを抑え、収益を出している。

地方自治体に「回収ボックス」の設置を始める

   協会では、当初は、汚れを落として熱湯消毒された入れ歯を郵送で受け付けていたが、07年6月からは回収率を上げるために地方自治体に「回収ボックス」の設置を始め、今では33自治体の施設に設置されているという。その他にも、16ヶ所の歯科医院でも回収ボックスが設置されている。

   同協会では「金属の重さでカウントするので、回収した入れ歯の個数はわからない」としながらも、これまでに、日本ユニセフ協会に約1300万円、地方自治体に約86万円の寄付を実現している。

   ただ、レアメタルの価格が高騰するなか、懸念されるのが「入れ歯の奪い合い」だ。念のため同協会に聞いてみたが、

「今のところ、そのような話は聞いていません」

とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中