金融庁 株大量保有の虚偽報告で刑事告発を検討

印刷

   金融庁は、電子開示システム「EDINET」で虚偽の株式の大量保有報告書が提出された問題で、神奈川県川崎市のテラメントに対する刑事告発の検討に入った。
   テラメントは2008年1月25日にトヨタ自動車やソニーなど6社の発行済み株式を51%取得したとEDINETを通じて報告。金融庁がこれを調査した結果、「虚偽」と認定し1月27日、同社に対して訂正報告書を提出するよう命令していた。28日までの期限に、テラメントは応じなかった。金融庁では情報開示システムの信頼性に与えた影響などを勘案して判断することになるが、「個別事案なので、コメントは差し控えさせていただきたい」(企業開示課)と話した。
   また、金融庁はこうした事件の再発防止と危機管理策について、近くシステムの改善に関する検討チームを立ち上げる考え。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中