若者に「古典文学」復活? 「カラキョウ」に「源空」おおモテ

印刷

   ロシア文学の名作、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』がいま若者の間で「カラキョウ」と呼ばれ、人気になっている。『カラマーゾフの兄弟』といえば、「世界で最も難解で読みづらく、長い小説」ともいわれていたりしたが、昨今こんな呼ばれ方をされるほど親しまれているのだ。一方、『源氏物語』を、現代風の「若者ことば」で再現する試みもネット上で始まった。どうやら、若者のあいだで「古典文学」が復活の兆しを見せているらしいのだ。

『カラマーゾフの兄弟』累計で60万部を超える大ヒット

ネット上で「源空」が人気(「2chまとめ」サイトより)
ネット上で「源空」が人気(「2chまとめ」サイトより)

   光文社から『カラマーゾフの兄弟』の新訳が刊行されたのは2006年9月のこと。07年7月に全5巻が刊行され、2008年1月までに1~5巻の累計で60万部を超える大ヒットとなった。新訳刊行以来、ブログなどでは、「カラキョウ」と呼ばれ、「読みやすい」「面白い」と評判を呼んでいる。

   光文社翻訳出版編集部の駒井稔編集長はJ-CASTニュースに、

「古典はそんな簡単に売れるものではなく、長い年月をかけて売るものだと思っていた。それが増刷がとまらず、60万部を超えたというのは、古典のみならず、文芸の世界でニュースになった」

と話す。

   同社は、『カラマーゾフの兄弟』をはじめ、古典の名作を「新訳古典シリーズ」として次々に刊行。「カラキョウ」以外の作品もかなりの好評で、仏文学の名作、サン=テグジュぺリの『ちいさな王子』、独文学のケストナー『飛ぶ教室』、伊児童文学のロダーリ『猫とともに去りぬ』、哲学のカント『永遠平和のために/啓蒙とは何か』が2万8000部を超えた。2007年5月に刊行した、ドストエフスキー『地下室の手記』も2万5000部を超え、好調という。

   好調の背景は、これまで難解な言葉で表現されがちだった古典を「分かりやすい翻訳」で表現することにこだわったため。駒井編集長によれば、古典シリーズを購入するのは20代~30代の人が多く、そのなかでも女性に人気が高い、という。若者が古典を読むという現象が広がっているようなのだ。

「(古典は)当然書かれた時点では最先端の作品。それが残るということは、その時の最高の作品のなかでもさらに最高の作品。本質的に読まれ、再生産されるものだ。21世紀になり、殺伐としたニュースばかりが流れる世の中で、深いものを読みたいという潜在的なニーズがあるのでは」

ネット上では「恋空」にちなんで「源空」と呼ばれる

   「古典」が再び読まれ始めた背景を駒井編集長はこのように見ている。

   2007年には、1969年のロシア映画「カラマーゾフの兄弟」のDVDが発売された。

   一方で、インターネットネット上で古典文学が急きょ大きな注目を浴びた。

   巨大掲示板「2ちゃんねる」では、「源氏物語をスイーツ(笑)文にしてみる」というスレッドが2008年1月23日に立てられ話題に。原文で読むには難解な紫式部の『源氏物語』を、現代風の「若者ことば」で再現する試みだ。

   例えば、主人公・光源氏が女性の登場人物・空蝉(うつせみ)と別れるシーンは、

「次の日、クウセミは更にキレた顔で源氏を呼び出した。『アンタさぁ、何したか分かってんの??マジありえねんだけど』源氏は黙ってしまった。これで俺、終わったんだ・・・。『2度と和歌送ってこないで。』クウセミはそれだけ言って本当に源氏との別れを宣告した」

などと表現されている。実際の「源氏物語」を多少デフォルメしたところもあるが、この試みは、ブログなどで「すごい」「笑わせてもらいました」と絶賛され、携帯小説風な体裁のため、ネット上では「恋空」にちなんで「源空」などと呼ばれ、大好評だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中