「キレイな体」という「ピュア信仰」 倖田「羊水腐る」発言の背景?

印刷

   歌手の倖田來未さん(25)がラジオ番組で「羊水が腐る」などと発言、ラジオ局が謝罪するほか、倖田さんを起用していた化粧品会社がCM放送の予定を見合わせるなど、「騒動」が拡大している。倖田さんがこのような発言をしてしまった理由は何なのか?

コーセーは倖田起用ブランドのサイトを閉鎖

倖田さんの「羊水腐る」発言で「宣伝活動自粛」が発表された(倖田來未さんHPより)
倖田さんの「羊水腐る」発言で「宣伝活動自粛」が発表された(倖田來未さんHPより)

   2008年1月30日午前1時からニッポン放送で放送された番組内で、倖田來未さんが「やっぱ、35(歳)ぐらいまわると、お母さんの羊水が腐ってくるんですね(笑)」と発言したことをめぐり、倖田さんが所属するエイベックス・エンタテインメントと倖田さん本人は2008年2月1日、ホームページで謝罪した。ニッポン放送も同日、

「パーソナリティ倖田來未の不適切な発言を放送いたしました。配慮を欠き、誤解を招く放送をしたことをお詫びすると共に、深く反省いたします」

とホームページ上に謝罪文を掲載した。

   さらに、エイベックス・エンタテインメントは翌2月2日に倖田さん最新アルバム「Kingdom」の宣伝活動を自粛すると発表。すでに収録済みのものを除いて、メディアでの露出は控える方針だ。倖田さんの公式ホームページのトップ画面に掲載されていた「Kingdom」のジャケット写真も削除された。

   さらに、化粧品大手のコーセーは、倖田さんを起用したブランド「VISSE(ヴィセ)」のサイトを2008年2月1日までに閉鎖。倖田さんのCM動画のストリーミング配信も停止した。 同社広報部はJ-CASTニュースに対し、

「今回の倖田さんの発言についてコメントは控えたいが、発言に不愉快だという指摘に対応したものだ」

と説明する。同社は現在、倖田さんを起用したCM放映を見合わせており、今後の予定については検討中だという。

   一方、携帯電話の「倖田來未モデル」を08年2月中旬以降に発売する予定(現在、予約受付中)のソフトバンクモバイルは、「発売前なので、今のところ変更などはない」(広報部)としているが、この「騒動」を見守っている、といった具合だ。

「倖田さんはオカルトなどトンデモに興味のある方」

   しかし、これほどまでに波紋を呼んだ「羊水腐る」発言は一体どこから出てきたのか? 08年2月4日放送のテレビ朝日系番組「スーパーモーニング」のなかでコラムニストの唐沢俊一氏は、

「倖田さんは、非常に色々な精神関係、オカルトなどトンデモに興味のある方なんですよね。裏にはミュージシャンに広がっている『ピュア信仰』というのか、自分がキレイなままで、若く美しい、けがれのないままで、みたいな信仰がすごくあって、キレイな体とかいった(倖田さんの)発言につながったのかな」

と指摘している。

   この「騒動」前に収録され、2008年2月3日に放送されたフジテレビ系「新堂本兄弟」に白のワンピース姿で出演した倖田來未さんは、この日の服装について聞かれ「ちょっとピュア系で」と述べ、冒頭から「ピュア系乙女作戦」の話題に。

   収録中は「歯が砕ける夢を見ることが多い」と告白し、心理学専門の富田隆・駒沢女子大学教授に「『自分の女性としての魅力がなくなる』そんなのは絶対に認めない夢」と診断されると、倖田さんは「ある!」と大きな声で同意。その後も、自身のスタイルについて「日に日にあらっ?重力に負けてんちゃうの?」と評している。

   「ピュアでいたい」気持ちが、「35歳まわると、お母さんの羊水が腐ってくる」といった発言につながったとしても、多くの女性たちの反感を買ってしまったことには変わりないが・・・

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中