「脳トレ」川島教授のゲーム異論 「子供の貴重な時間の浪費」

印刷

   大ヒット「ニンテンドーDS」用ゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の監修をした東北大学の川島隆太教授は、「脳トレ」ブームの火付け役ともいわれる。ゲームで脳を活性化させるアイディアが、全世界で1720万本販売というメガヒットになった。にもかかわらず、自分の子どもには、週に1時間しかゲームを許可していない。その理由が「ゲームは子供の大切な時間を浪費させる」からだそうだ。

川島教授の息子、週にゲームで遊べるのは1時間だけ

川島教授が監修したゲームが「脳トレ」ブームの火付け役になった
川島教授が監修したゲームが「脳トレ」ブームの火付け役になった

   「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は2005年5月に発売されたが、これが大ヒットし、続いて同年12月に「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」が発売された。現在までの販売数はこの2本で国内800万本、全世界では1720万本も売れたとされ、携帯用ゲーム機「DS」の爆発的ヒットを牽引した。ゲームは、計算問題、記憶問題、書き取りなど様々な問題が出され、それを解くことにより「52歳」などの「脳年齢」がはじき出される。脳の活性化に役立つという評判が広がり、ゲームに無縁だった高齢者にも売れに売れた。

   川島教授は現在、東北大学加齢医学研究所に勤務している。専門分野はヒトの脳活動の仕組みの解明、研究と応用で、認知症の権威だ。実は、テレビゲームをすることで脳が活性化するのではないか、という仮説をかねてから持っていて、こうしたゲームの監修を引き受けることになった。そうなると、子供がテレビゲームで遊ぶことについて、とかくの議論がでている昨今、「子供の脳の活性化にはゲーム」という主張をするのかと思ったら、そうではないらしい。

   フランス最大手の報道機関AFPが08年2月1日に配信した電子版の記事には、

「任天堂のソフトウェアを開発しているにもかかわらず、カワシマは4人の息子(現在14~22歳の)が平日にテレビゲームをするのを禁止しました。ゲームを許したのは週末にわずか1時間。彼らが規則を破ったとき、一度ディスクを破壊しました」

と書かれている。

   J-CASTニュースが川島教授に取材すると、内容は事実で、子供を持つ親御さんは、子供のゲーム時間を制限したほうがいい、と考えているそうだ。

任天堂は「一緒にゲームでワイワイ遊ぶのもいい」

「ゲームが脳に悪い、ということじゃないんです。子供は思いのほか忙しくて、勉強する時間、友達と遊ぶ時間、親と会話したり遊んだりする時間が必要なわけです。ゲームを始めるとそれに熱中してしまい、時間をたくさん浪費してしまいます」

   つまり、子供はゲーム機ではなく直接人間と触れ合って遊んだほうがよく、ゲームに熱中していいのは「大人になってから」ということのようだ。

   任天堂はこの川島教授の考えをどう思っているのか。同社広報はJ-CASTニュースに対し、ゲームをどう扱うかは家庭の方針もあるので、遊ぶ時間を制限するのもいいことではないか、としたうえで、

「お友達や親御さんと遊ぶ時間は大切ですから、むしろ、ゲームで一緒にワイワイと楽しく遊ぶのもいいと思います。お茶の間が明るくなりますよ」

と話していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中