宮内庁長官が異例の「苦言」 皇室内部の亀裂浮き彫り?

印刷

   宮内庁長官が、「愛子さまが天皇・皇后両陛下を訪問なさる回数が少ない」などと、記者会見で皇太子ご夫妻への「苦言」を口にした。宮内庁長官と言えば、報道などの周囲の「雑音」の火消しに回ることが多いだけに、長官自らが皇室メンバーの批判とも取れる発言を行うのは異例中の異例だ。海外メディアも、この発言を報じ始めており、さらに波紋が広がる可能性も出てきた。

   発言が飛び出したのは、2008年2月13日に行われた定例会見。羽毛田信吾・宮内庁長官が、愛子さまの参内(皇居を訪れること)の頻度について指摘したのだ。

長官が参内回数の少なさを強調

参内回数をめぐって異例の「苦言」が飛び出した
参内回数をめぐって異例の「苦言」が飛び出した
「天皇陛下は皇太子時代、当時の両陛下がご在京の際は、週に1回は参内されていた」

と述べる一方、皇太子ご一家がこの1年間に自発的に両陛下を訪問されたのは2、3回にとどまっていることを指摘。実に17分の1のペースだ。長官は、

「依然として(参内の回数が)少ないとなると、両陛下も心配しておられると思う」

とも述べ、回数の少なさに懸念を表明した。このように長官が「回数」を強調するのには、天皇陛下の誕生日会見でのご発言が背景にある。

   天皇陛下は06年12月20日の会見で、愛子さまの様子について問われ、このようにお答えになった。

「最近の愛子の様子については、皇太子妃の誕生日の夕食後、愛子が皇后と秋篠宮妃と相撲の双六(すごろく)で遊びましたが,とても楽しそうで生き生きとしていたことが印象に残っています。ただ残念なことは、愛子は幼稚園生活を始めたばかりで、風邪を引くことも多く、私どもと会う機会が少ないことです、いずれは会う機会も増えて,うち解けて話をするようになることを楽しみにしています」

   このように、「会う機会が少ないのが残念」と表明しておられるのだ、これを受けて、皇太子さまは、07年2月21日の会見で、参内回数を増やす意向を以下のようにお示しになった。

「天皇陛下の愛子に対するお気持ちを大切に受け止めて、これからも両陛下とお会いする機会を作っていきたいと思います」

皇太子さまの誕生日会見での発言が注目される

   このようなご発言にもかかわらず、「事実としてご参内の回数は増えていない」(羽毛田長官)ため、「ご自身が会見で発言なされたことなので、大切になさっていただきたい」と、今回の異例の「苦言」となった模様だ。長官自身も、この意向について皇太子さまに伝えたといい、皇太子さまは「努力はしたい」とお答えになったという。

   この背景について、海外メディアでは憶測が広がりつつある模様だ。すでに複数の英コムメディアが、この発言を報じているが、いずれも

「最近、雅子さまは『公務は完全に出来ていないのに、友人との会食には時間を割いている』なとど、タブロイド紙から批判を浴びている」

などと背景説明を加えており、直接的な表現ではないにせよ、家庭内の状況が参内回数の少なさに影を落としていることを示唆している。

   07年2月の会見では、皇太子さまは以下のようにも述べている。

「愛子は両陛下のいらっしゃる御所に上がらせていただく前には、畑で作った野菜をとったり,花を摘んで花かごを作ったり、カルタや双六(すごろく)、折り紙などご一緒に遊んでいただけるものを用意し、両陛下にお会いすることをいつも大変楽しみにしております」

   近日中に開かれる、皇太子さまの誕生日会見でのご発言が注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中