長男虐待騒ぎの柳美里 J-CASTニュースに真相告白

印刷

   芥川賞作家の柳美里さん(39)が2008年2月15日、東京・千代田区のJ-CASTニュース編集部を訪れ、長男虐待騒ぎの真相を1時間近くにわたって語った。柳さんは、長男(8つ)のほおを何度かひっぱたいたことは認めたものの、「虐待はしていません」と強調。また、「週刊女性」の新人男性記者を公式サイトの日記で罵倒したことについては、「問題はないと思って載せました」としたうえで、「子どもが分かる形で後をつけるのはストーキング」と改めて批判した。

「ひっぱたいたが、虐待はしていません」

J-CASTニュースのインタビューを受ける柳美里さん
J-CASTニュースのインタビューを受ける柳美里さん

   J-CASTニュースに「告白」したことについて、柳さんは、「ブログで書いたものについて紙媒体で主張するのは筋が違うと考え、ネット媒体を選びました」と説明する。柳さんはこの日、文芸評論家の川村二郎さんの告別式に参列した後に訪れたため、喪服姿でインタビューに答えた。

   柳さんの説明によると、長男には髪を切る癖があり日ごろから注意していたが、東京ディズニーランド周辺のホテルに滞在したとき、浴室から切った髪がたくさん出てきた。しかし、何を使って切ったかなどについて再三嘘をついたため、怒って「何度かひっぱたいた」という。学校を休ませたことは認めたが、長男が髪を切ったとしたハサミを探すなどしていたため間に合わなかったとした。また、朝食も昼食も与えなかったことも認め、「探していて食べる時間がなく、いつの間にか夕食時になっていた」と説明した。

   公式サイトの日記では、「朝7時から15時までひっぱたきまくり、学校休ませ、罰として朝食も昼食も与えていません」と過激な表現を使っていた。ネットで騒ぎが拡大したのはこのためだが、柳さんは、「ネットでは、より感情的な言葉を選んで書いているから」と弁解した。

「炎上覚悟でそのときの生の感情をそのまま出す」

   柳さんは、「感情を排して事実を書くエッセイでは、ブログが面白くなりません。そこで、フィクションのように、炎上覚悟でそのときの生の感情をそのまま出すことにしています」という。

   ひっぱたいたことについては、虐待であることを否定したうえで、「時と場合によっては、手を上げる必要があるという考えです」と話した。

   虐待騒ぎでは、地元の児童相談所から児童福祉司が駆けつけたが、長男の様子を見ただけで、特に指摘はなく、その後も連絡はないという。

   一方、この問題で取材に来た「週刊女性」の新人記者については、公式サイトの日記で柳さんがホテルに缶詰状態であることを明らかにしているのにもかかわらず、自宅に来たと指摘。その後、長男の学校へ行き、校門から書道教室まで4、5時間も後をつけていたとして、「ストーカー行為」と批判した。新人記者は、長男に話しかけることはなかったという。この取材活動について、柳さんは、「編集長の監督不行き届き」だと述べた。

   「週刊女性」側からは、その後何も連絡はないという。今後については、「私から話を聞かないで記事にしたら、対応を考えます。記事にしなくても、対応を考えます」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中