東芝、「HD DVD」からの撤退を正式発表

印刷

   東芝は2008年2月19日、同社が推進してきた次世代DVD規格「HD DVD」から撤退すると発表した。今後の「HD DVD」のプレーヤー、レコーダーの生産を中止し、08年3月をめどに「HD DVD」事業を終了する。すでに発売した製品のアフターサービスは続けるという。
   ソニーや松下電器などが主導してきた「ブルーレイ・ディスク(BD)」との規格争いを展開してきたが、東芝の撤退により次世代DVD規格は事実上「BD」に一本化された。
   東芝は、PC、ゲーム向けの「HD DVD」ドライブについても生産を終了する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中