他人のブログに「彼は頑張っている!」 「小島よしお」が自作カキコミ告白

印刷

   お笑い芸人の小島よしおさんが2008年2月19日放送のテレビ番組に出演、その中で自分の悪口が書かれている一般人のブログを検索、チェックし、コメント欄に、他人のフリをして「彼は頑張っている!」など「自作自演」のカキコミをしている、と話した。ブログの検索キーワードは「小島よしお 一発屋」。そのことを知ったブロガーが、このキーワードをタイトルにしたブログを多数アップしている。

「小島よしお」「一発屋」で検索する本当の理由

小島さんは「自作カキコミ」を告白した
小島さんは「自作カキコミ」を告白した

   小島さんが出演したのは日本テレビ系「踊る!さんま御殿」。自分が負けず嫌いだと思った経験を話すコーナーで、小島さんはこう切り出した。

「世間の人の(自分の)評判を聞きたいじゃないですか!?僕の場合は、それは、ブログでチェックするんですね。一般の人のブログを」

   小島さんは、「そんなの関係ねぇ!」の大ヒットギャグ「一発」で、芸能界から消えていくのではないか、と心配している。だから自分がどう思われているのかを知りたくて、一般人のブログを見るのだという。ブログの検索は「小島よしお」「一発屋」でする、と話すと、スタジオがどよめいた。悪口が書いてあるはずのブログを探して読むのはおかしい、という反応だった。

   しかし、小島さんは別のことを考えていたのだ。司会の明石家さんまさんが、

「自分の嫌な記事なんて、イヤやんか!?」

と聞くと、

「一発屋にはならない!と(書かれていることを)期待して見るんですね」

   しかし、残念なことに、大半は「一発屋で終わる」と書かれている。そのため、他人を装いこんな「自作自演」する。

「このままでは良くねぇなぁ、と思って、コメントを残してくるんですよ。『彼は結構頑張っているんで・・・』。ホントに地道な作業を・・・」

   そうした努力も、「オマェ、わかってねぇなぁ」というコメントが書き込まれ、水の泡になるのだという。小島さんは、一発屋で終わりたくない、芸能界で生き残りたいとしながら、半ばヤケクソ気味に、

「でも、僕の場合は、半年後に仕事が、無くなる・・・誰が、仕事が無くなるんだ!!!」

と、一人ボケ・ツッコミギャグを披露し、スタジオの空気を凍らせた。

「僕は一発屋じゃありません」と「小島よしお」からコメント

   その翌日の08年2月20日、「mixi」(ミクシィ)の日記や「ヤフー・ブログ」を検索すると、「小島よしお 一発屋」というタイトルのブログが多数アップされている。ブロガー達が番組を見てやったようで、

「えー、只今実験中。おっぱっぴーここにもこないかなー」
「本物の小島さん、もしたどり着かれたら、ぜひとも足跡残してくださいね~」
「いつか本人が見てくれる(…かも!?)時のために、エールを送ります(^^)『応援してるぞ~っ!!』」

   また、ブログの中には、

「「小島よしお」さんからコメントが入ってて、『僕は一発屋じゃありません』だって(笑)」

というのもあった。

   結局のところ、小島さんは相当ネットを頼りにしている芸人のようである。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中