「ゲーセン復活の兆し」 これは本当なのかウソなのか

印刷

   ゲームセンターの業績低迷が取り沙汰され、セガナムコタイトー、といったゲーム大手の大量店舗閉鎖の報道が続いている一方で、2008年2月15、16日に開かれた業務用ゲーム(アーケードゲーム)の見本市の入場者数が、「前年の40%アップ」「近年にないゲームの当たり年」などという景気のいい報道も出ている。いったいどっちが正しいのか。

「ゲームセンター事業に逆風が吹いている」と日経

スクウェア・エニックスは初めて業務用ゲームに参入する
スクウェア・エニックスは初めて業務用ゲームに参入する

   2008年2月7日付け日本経済新聞は「ゲームセンター事業に逆風が吹いている」と報じた。「逆風」の理由は、ゲームセンター気分が味わえる任天堂「Wii」の爆発的ヒットや、ネットや携帯電話など若者の娯楽が多様化。原油高の影響で車の利用者が多い郊外店が不振、というものだ。そのため、運営大手のセガが110店舗の閉鎖・売却を発表。ナムコは全体の2割にあたる50~60店を閉鎖。カプコンは08年度の出店を07年度の半分(9店)程度に抑える、などと書いている。

   J-CASTニュースがゲームセンター運営者による中央団体「AOU」に取材すると、確かに景気がいいとは言えないが、報じられているような「危機的」なものではない、というのだ。その理由として、08年2月15日、16日に開催された新作ゲームの見本市「AOU2008アミューズメント・エキスポ」の入場者が3万8,442人にのぼり、これは前年の38%増。新規の出展メーカーは12社も増えたのだそうだ。

   事実、「AOU」も、

スクウェア・エニックスなど新規出展社への期待や、格闘ゲーム、プライズゲームに話題性のあるものが多かった。誰でも遊べるようなマシンを志向する傾向もあり、施設の売り上げアップにつながるのではないか」

と期待している。ITメディアは、08年2月18日付けで、今回の「AOU」ショーを「5年に1度の当たり年」、という業界関係者の談話を掲載し、

「ゲーセン復活の兆し」

と報じた。注目のゲームは、カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターIV」や、セガのメダルゲーム「ガリレオファクトリー」などをあげていた。

   いったいゲームセンターの現状は暗いのか、明るいのか。ゲーム業界に詳しいジャーナリストはJ-CASTニュースに対し、ゲームセンターの人気は8年ほど前から下がり続けているのだという。新しいアイディアの人気ゲームが少なく、プライズゲーム(景品ゲーム)や、プリクラ系ばかりが増え、飽きられてしまった。開発の人材も、業務用に比べれば世間の注目が高く、ヒットすれば利益の大きい家庭用ゲームソフト開発に流れていった。

   しかし、07年秋頃から状況が変わってきたのだという。

「人気キャラや大画面、通信を使った面白いゲームが続々登場するようになりました。つまり、メーカーが業務用ゲームに再び力を入れ始めたんです。ゲームセンターを盛り上げよう、というのもありますが、新型家庭用ゲーム機『Wii』『PS3』用のソフトを開発しても、利益が出るかどうか不安。それで、原点回帰ではないですが業務用を思い出した、ということなのだと思います」

ゲームセンターから人気ゲームが続々と生まれる?

   大幅な店舗の閉鎖を発表したセガやナムコにしても、J-CASTニュースが取材すると、いずれもゲームセンター事業の縮小ではなく、あくまで今後の拡大を目指しての「てこ入れ」であることを強調する。ナムコ広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「例えば、利益の少ないプライズゲームが増えすぎて、収益バランスが悪くなっている店舗もあるわけです。そういうところにゲームに馴染みの無い人でも楽しめるビデオゲームなどを投入する。そんな転換期が来ているんです」

と話した。

   そういうことならば、ゲームセンターが再び注目の的になる可能性が高くなっているわけだ。90年代、「プレイステーション」が登場した頃は、ゲームセンターに新作を出して人気が出れば家庭用ゲームに移植する、という戦略が取られた。今後、またゲームセンター発の人気ゲームが続々と生まれる可能性が出てきたのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中