「ユーチューブ」の名ピアニスト 演奏ネコが840万回閲覧

印刷

   ピアノを弾くメス猫の「NORA」。ユーチューブにその動画がアップされたのは2007年1月27日だが、1年後の08年2月22日現在で約840万回閲覧され、コメントも2万以上カキコまれている。猫にも様々な特技があるようだが、この「名ピアニスト」ぶりは見事で、ノーラが演奏する音源を使ったCDも発売されている。

ほかのピアノの音に合わせて「連弾」もする。

ユーチューブでは「NORA」の動画が大人気だ
ユーチューブでは「NORA」の動画が大人気だ

   ノーラはもともと野良猫で、ピアノ教師のBetsy Alexander (ベッツィー・アレキサンダー)さん宅に拾われた。始めはベッツィーさんのピアノを弾く姿をじっと見ていただけだったが、それから1年後、ノーラはピアノの椅子に立ち、2本の前足でピアノを弾くようになったのだという。動画を見ると、ピアノを弾くときの目線が定まっていて、たまに顔を鍵盤にスリスリしながら、音符がわかっているかのように演奏する。自分なりに自由に音を奏でるだけでなく、他から聞こえてくるピアノの音に合わせて、「連弾」するのだから驚かされる。

   ベッツィーさんはこの動画の紹介欄に、

「これは彼女のトリックではありません。座ってピアノを始めたのは約1歳のときで、彼女は3歳になりました。彼女は彼女の気の向くときだけピアノを弾き、それは1日に数回です」

などと書いている。この映像はアメリカの放送局「CBS」や「CNN」で紹介され、キャスター達の驚く姿がユーチューブにアップされている。

うちの猫は時々歌っています

   ピアノを弾く猫というのは珍しいが、飼い猫は特技をそれぞれ何か持っているようだ。ヤフーのQ&Aサイト「知恵袋」には、「猫ちゃんを飼ってる方に質問です。猫ちゃんの特技はなんですか?」と言う質問が07年11月27日に出ていた。そこに寄せられた特技には、

「私の大切なカシミヤやウールの洋服を食べてしまいます…」
「部屋の電気を付けたり消したりすること。片手でドアや襖を開け閉めする」
「飼い主さんへのお礼にねずみや、野鳥をとってくることです」
「時々、歌ってます。ん~んんん~ん。ん~んんんん~んっ。ん~・・・・と」

などがあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中