「奈良遷都祭」キャラに賛否両論 ミクシィでも大論争 

印刷

   奈良県で2010年に行われる「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターに対して、「キモカワイイ」「かわいくない」と賛否両論が寄せられ、大論争を呼んでいる。運営者には500件もの批判的な意見が寄せられた一方で、愛称の募集には4000件の応募があり、「奈良のイベントでこれほどの反響はなかなかない」と手ごたえを感じているようだ。

「応援」と「白紙撤回を求める」コミュニティが相次いで作られる

「かわいい」?「キモカワイイ」?「平城遷都1300年祭」マスコットキャラクター
「かわいい」?「キモカワイイ」?「平城遷都1300年祭」マスコットキャラクター

   「平城遷都1300年祭」は、奈良県が県内各地で2010年の1年間を通して行うイベント事業で、このマスコットキャラクターが2008年2月12日に公開された。平城遷都1300年祭事業協会によれば、専門家から募った21案のなかから選出されたもので、奈良を象徴する「鹿」の角を頭に生やした童子をイメージしている。東京藝術大学大学院教授で彫刻家の藪内佐斗司教授がデザインした。

   しかし、マスコットキャラクターが強烈なインパクトを持っているとして賛否両論の大論争がインターネットを中心に盛り上がりを見せている。

   SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)最大手の「mixi(ミクシィ)」では、このマスコットキャラクターを応援するコミュニティと白紙撤回を求めるコミュニティが相次いで作られた。

   賛成意見としては、「インパクトに尽きる」「見れば見るほど愛着が増してくる」「神々しいまでの存在感」「つぶらな瞳にハートを撃ち抜かれました」「キモカワイイ」といったものが挙げられている一方で、反対意見として「気持ち悪い」「肌の露出が破廉恥です」「リアルすぎる」「微妙な露出と角に違和感があります」などの意見が相次いでいる。

   白紙撤回を求めるコミュニティでは2008年3月3日時点で700人を超えるユーザーが参加しており、このコミュニティを発端に「平城遷都1300年祭を救う会」と題されたウェブサイトが立ち上げられた。

   平城遷都1300年祭事業協会では、2008年2月12日~3月12日までのあいだ、このマスコットキャラクターの「愛称」をHPなどで募集しているが、同協会によれば、2008年3月2日までに約4000件の応募が全国からあったという。

「奈良県内のイベントでこれほどの反響があったことはなかなかないのでは」(同協会)

「仏像ではないというPRが足りなかったのかも」

   その一方で、批判的な意見も同日までに500件ほど寄せられ、「仏様をキャラクター化して角を付けるのは不適切ではないか」「自分の好みに合わない」「(彦根市のマスコットキャラクターである)『ひこにゃん』の方がかわいい」といった内容のものが多いという。

   同協会の杉田憲英総務部長はJ-CASTニュースに対し、

「(マスコットは)仏像ではなく、童子をキャラクター化したもので、それに奈良の守り神である鹿の角をつけたもの。仏像ではないというPRが足りなかったのかもしれません」

と説明。また「かわいくない」といった指摘については、「真摯に受け止め、より親しみやすくなるように工夫したい」と話している。

   しかし、批判的な意見がある一方で、名前の公募に4000件もの応募があったことについて確かな手ごたえを感じているようで、

「(4000件の応募で)一定の評価をしてもらったと思っている。反対意見はしっかり受け止めたいと思うが、(キャラクターの)変更はない」

として、このキャラクターでイベントを盛り上げたい意向だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中