「ミクシィ」日記情報タダで自由に使用 利用規約改定にユーザーが大激怒

印刷

   大手SNS「ミクシィ」(mixi)が「ミクシィ」内にある日記などの情報を自由に使用、改変し、その際「作者」には対価を払わないし、著作者人格権も行使させない、と受け取れる新規約を公表した。ミクシィでは「無断で使用することではない」と説明しているが、「規約改定に異を唱える」コミュも出現、利用者からは大反発が起きている。

日記等の情報を無償かつ非独占的に使用する権利

新規約が波紋を呼んでいる
新規約が波紋を呼んでいる

   「ミクシィ」が2008年3月3日付けで発表した利用規約改定「第18条 日記等の情報の使用許諾等」には、こう書かれている。

「本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします」

実施日は08年4月1日からだ。

   勝手に出版・公開・改変されても文句は言えず、しかも、対価も払わない、と受け取れる内容で、「ミクシィ」内では「あまりの暴挙だ!」と、規約改定に異を唱えるコミュや、スレッドが多数出現している。

   「mixiの規約改定に異を唱える」コミュには08年3月4日午後5時時点で1000人を越えるメンバーが集結。

「こんなバカなことは黙認できません。参加します」
「『編集権』をmixiが持ち、著作者人格権の行使を禁止されたら、自分の意図とは正反対の内容にされることもあり得る」
「DV等の被害を受けている方も安心して書き込みが出来なくなりそうです」
「規約改定案が撤回されないなら、非常に残念なんですが、4/1付で退会します」

など多数の反対意見が寄せられている。

「ミクシィ」がイヤなら辞めればいい

   インターネット事情に詳しい小倉秀夫弁護士はJ-CASTニュースの取材に対し、こうした規約が作られ承諾して参加する以上、ユーザーは規約に従うのが当然、としている。ただし、不当と思われる事態が起きた場合は、訴訟に持ち込む事が可能で、

「勝訴できるかどうかはケース・バイ・ケース。もっとも、他にもSNSは多く存在しているから、(ミクシィが)イヤなら辞めればいい」

と話している。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは今回の規約変更をこう見ている。

「キワドイ書き込みが増えているため、発見したものを勝手に削除することを強化したいのではないか」

   「ミクシィ」では盗撮画像掲載や、飲酒運転の告白、援助交際、クスリの販売など様々な「事件」が取りざたされ問題になっている。また、「ミクシィ」の悪評もコミュで展開され、そうしたことが株価に悪影響をもたらしている、との見方も出ているのだそうだ。だから、パトロールと、該当箇所の削除・変更を強化する必要に迫られているのではないか、というのだ。

   そうであるならば、「皆さんの著作権は守られる」「自由な創作活動を妨げない」などの文章が必要で、ユーザーに対する配慮が足りない、と井上さんは言う。ユーザーは「ミクシィ」に対し、著作権問題を問い質すべきだとし、きちんとした回答が来なかった場合は、「ミクシィ」を続けるかどうか考えたほうがいいのではないかと、アドバイスする。

ユーザーが権利を有することに変わりはありません

   当の「ミクシィ」はJ-CASTニュースの取材に対し、

「この条項につきましては、ユーザーの方々が『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。また、ユーザーが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません」

と文書で回答した。

   同意事項とは(1)投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること(2)アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること(3)日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること――だそうだ。

   非常に分かりにくい説明だが、日記等の情報を書籍化する場合も、ユーザーの事前の了承なしに進めることはない、という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中