「車輪を小さくする」「三輪車を流用」 安全な3人乗り自転車は開発可能か

印刷

   自転車の「3人乗り禁止」の明文化を警察庁が検討していた問題で、子育てママからの要望が相次いだのを受けて警察庁はこれまでの方針を一転、「3人乗り容認」の方針を打ち出した。ただ、「3人乗りでも安全な自転車が開発されること」がその前提だ。自転車メーカーは、この開発に頭を悩ませている模様だ。

自転車3人乗り禁止に賛否両論

「新型自転車」のデザインはどうなる?(写真はイメージ)
「新型自転車」のデザインはどうなる?(写真はイメージ)

   そもそも、道路交通法に基づく各都道府県の公安委員会規則では、自転車に乗せられる6歳未満の幼児は1人とされており、本来ならば、違反した場合は2万円以下の罰金や科料の対象になるのだが、これまでは事実上黙認されてきた。ところが、警察庁は2008年春に自転車の交通ルールをまとめた教則を30年ぶりに改訂することになり、「3人乗りは禁止」と明文化することになった。これに対して、子どもを育てる親たちから「禁止されたら、子どもの送り迎えに非常に困る」といった声が多数寄せられた。この問題をJ-CASTニュースが報じた記事「『自転車3人乗り』禁止 幼児持つお母さん猛反発」でも、

「なんでも禁止、禁止って言う前に現状をもっと把握してある程度の対策をたててから実施するとか・・・もっと考えてほしいですね」
「現実に毎日を自転車で戦ってる母親達には3人乗り禁止なんてキレイ事なんだろうね」

といった、3人乗りを支持するコメントが寄せられる一方で、

「安全面から考えたら止めて当然」
「母親は身勝手」

といったコメントもあり、賛否両論が入り乱れていた。

   そんな中、3月4日になって、警察庁が3人乗りを容認する方向に転じたのだ。同日の閣議後の会見で、泉信也国家公安委員長が

「子ども2人を乗せたいとの母親の要望があった」

と経緯を説明。ただし、「安定性が確保できる自転車が開発されること」を、その前提としており、

「自転車の重心を下げるなどの危険防止策を取れないか、業界にも検討していただきたい」

と要望。早速同日、警察庁は業界団体「財団法人自転車協会」に協力を要請した。

「前も後ろも車輪が小さい自転車」というのが完成像?

   では、この「安定した自転車」とは、どのような形になるのだろうか、自転車メーカーに聞いてみた。「ブリヂストンサイクル」(埼玉県)のマーケティング本部によると、

「現在は、前か後ろに子どもを乗せられるタイプの自転車を発売しているので、これをベースに検討することになると思います」

と話す。具体的には、

「今販売されている、前に子どもを乗せるタイプでは、前輪の直径を小さくして重心を下げ、ハンドルのふらつきを押さえる仕組みになっています。逆に、後ろに乗せるモデルでは、後輪を小さくして後部の重心を下げるようになっています」

とのことで、「前も後ろも車輪が小さい自転車」というのが、今のところの完成像のようだ。その一方で、

「(新モデルについて)自転車協会から検討するように言われていますが、業界内部で基準が作られないことには、なかなか開発も進まないのでは」

とも話し、困惑している様子だった。

   かつての「ナショナル自転車」が名称変更した自転車メーカー「パナソニックサイクルテック」(大阪府)でも、

「これまでに発売した三輪自転車を流用して開発する可能性はありますが、細かい基準などが業界内で固まらないと、設計のしようがないです」

と話していた。

   さらに、前出の「ブリヂストンサイクル」によると「従来のモデルに比べて割高になるのは避けられない」とのことで、仮に3人乗りが「容認」されたとしても、家計の負担は増えるのは間違いなく、「子育てママ」の悩みが増えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中